【ファーストキャビン羽田】ターミナル1直結/ホテル宿泊レビュー

ファーストキャビン羽田に泊まったのでレビューをする。今年の夏はフランスに行ってきた。前日、できれば泊まってみたかった羽田空港ターミナル1にあるファーストキャビン羽田。

かっこいい名前ではあるが、ホテルとは違う。ようはけっこういい目のカプセルホテルというやつ。ただ、カプセルにありがちな2階というのは無い。

ドアはなくアコーディオン式のシェーディングがあり、カギをかけることはできない、いわゆる簡易宿泊所扱いとのことだ。

さっそくチェックをしてみよう。

フロント

羽田ターミナル1の1階到着ロービーにある。

ホントに羽田空港内にある。

中に入るとすぐにフロントがある。

大きな荷物やスーツケースはフロントで預かってもらえる。

オレの場合、空港のカートにスーツケースや大荷物を乗せたままチェックインしたが、そのままフロント脇に預かってもらえた。

大荷物の方も安心だ。

ロビー・ラウンジ

チェックインは19時となっている。オレが到着したのが19時過ぎだったので、チェックイン時間までこちらのラウンジでしばし待つ。

このラウンジは飲食可能。ソファーの横には食べ物の自動販売機もある。

ラウンジの壁には長テーブル。その端にはネット端末があった。有料。

館内はWifiが飛んでいる。

ラウンジに併設された自動販売機コーナー。

ドリンクはもちろんビールも販売していた。

キャビンエントランス

キャビンのエントランス。

チェックイン時にもらったセキュリティーカードで入室をする。カードをかざすとドアが開く。

客室・キャビン

キャビンはこのようにたくさんのベッドが並んでいる。基本静粛にすること。

ビジネスクラスキャビン

ビジネスクラスキャビン。シェーディングは完全に閉まらないので、キャビン内に入室していることがわかる。

これがビジネスキャビン。

カプセルホテルよりははるかに広く、開放的で快適であろう。ベッドも広くまたサイドキャビネットには物もおけるので、居心地は良さそうだ。

ファーストクラスキャビン

こちらがファーストクラスキャビン。ベッドにちょっとしたスペースが有る。

普通のスーツケースなら余裕で置くことができるだろう。また小さいながらもテーブルが有る。

テレビの音は出ないので、テレビを見たい方はフロントでヘッドホンを借りよう。

タオルやキャビンウェアは備え付け。クッションと枕がある。非常に居心地がいい。

小さいながらもテーブルがあるので、ちょっとしたPC仕事もできるだろう。テーブル上にも照明がある。

備え付けの歯ブラシセット、ボディタオル、タオル、キャビンウェアなど。

ベッド下には鍵のかかる収納箱がある。そこそこの収納力があるので、出かける際、パソコンや充電器などはここに入れておくとよいだろう。

コインランドリー

コインランドリーもある。

大浴場・シャワー

大浴場はとてもキレイ。

大浴場備え付けのアメニティとドライヤー

シャワー室

大浴場横にシャワーのみも備え付けてある。朝など簡単にシャワーをしたい方はこちらで。

大浴場

空港近くのホテルにはユニットバスなどの小さい風呂しか無い。それに比べファーストキャビンはこのように大きい大浴場がある。

これはうれしい。

大浴場に備え付けてあるシャンプー、リンス、ボディソープ。

広い大浴場は手足の伸ばして風呂に入れる。これはマジでうれしい。

荷物預かり

フロントに大荷物を預けたので、引き換えカード。

ちなみにカートに積んだ大荷物は、フロント横にこのように預かってもらえる。

またフロントでは冷蔵庫があるので、そちらに食品や氷などを預けられる。オレはアイスボックス用の保冷剤なども凍らせてもらった。

ファーストキャビンでちょっと飲んでみた

羽田空港のローソンに行って酒のアテを買う。

おでんやたけのこ土佐煮をアテに月桂冠をいただく。

なかなか快適な羽田ファーストキャビンの夜は更けていく。

まとめ

ファーストキャビンは羽田空港施設内にあり、文字通り羽田空港へ徒歩0分だ。

海外からの長いフライトで深夜到着など、次の日の出社などにはかなり有効であろう。

またオレみたいに大量の荷物やスーツケースでの空港入りや、早いフライトなどにファーストキャビンを使うのはかなり楽だと感じる。羽田周辺のホテルはちょっと高いので、そんな時はぜひファーストキャビンをチェックしてみてはどうだろう。

こちらも見てみませんか?