CB223Sにあれば・ついていれば良かったモノ9選

ホンダCB223Sは本当に手軽なバイクだ。気をはらず、また余計なことを考える必要がない。250cc単気筒の軽量バイクがもたらすお手軽さというのは、身も心も軽い。

バイクで走り出すということが、こんなに気が楽で楽しかった・・・そんなことを思い出させるようだ。

しかし、当然ながら、気楽で楽ちんということは、その裏面も存在する。それは所有欲や満足感という部類のものだろうか。

そう、CB223Sもやはりデメリットというか短所的な部分もたくさんある。

もちろんエンジンが40psもあればいいとか、高速を120km/hでストレス無く巡航したいとか・・・そんな無茶ぶりをしても仕方ない。

それでも、できれば、このくらいはどうにかしてほしかった・・・そんなCB223Sに対してのちょっとした不満をぶっちゃけてみよう。




あと、もうちょっとエンジンパワーを

エンジン

CB223Sに搭載されているエンジンは223ccというちょっと微妙な排気量のエンジンだ。同じ感じのエンジンにヤマハセローなどに搭載されていた225ccエンジンなどがある。

そんなセローも2005年には第6世代として250ccエンジンが積まれている。

できれば、このCB223Sも250ccエンジンを搭載してもらいたかった。もちSLやFTRというバイクの存在あってこそ、このCB223Sも生まれたのだから、そこは仕方ないが、ぜひともスケールアップをしてほしかったと思う。

なんといっても、やっぱりエンジンのパワーはない。

昔乗っていたカワサキKDX125やヤマハのDT125のツースト軍団よりも力がない。

まぁ、いいんだけど。

モノサスではなくリア2本サスペンション

なぜ、CB223Sはモノサス(1本サス)なのだろう。

CB400SS

同時期に存在をした、兄貴分的な存在のCB400SSというバイクがある。

こいつはしっかりとリアサスが2本タイプだ。

このようなシルエットのバイクは2本さすが、やっぱ似合うと思う。CB223Sも同様ではないだろうか。

モノサスになるとリア周りのスカスカ感が妙に気になる。

まぁ、いいんだけど。

メッキタイプのマフラー

マフラー

いつも思うのだが、このカッコ悪いマフラーはなんだ?

このあたりは空冷シングルエンジンなのだから、ぜひともキレイなメッキマフラーを採用してほしかった。上にあるCB400SSのマフラーで問題ないですよ。

もちろん、メッキ系のパーツやマフラーはサビにも弱いのはわかる。

でも、やはり所有欲という意味ではマフラーはけっこうバイク側面からの顔ともなる。ホントメッキ系のキレイなマフラーを採用してほしかった。うん。

まぁ、いいんだけど。

キックスタート

エンジン

CB223Sの側面をさらにズームアップしてみると・・・シングルエンジンにつきものである、キックスタートがついていない。CB400SSにはついているのに。

エンジン側面には、しっかりとキックを取り付けるための部分も存在する。

そりゃ、セルが付いているからいいでしょ・・・そうではない。やはりシングルエンジンはキックでエンジンをかけたいという、気持ちがあるんですよ。

ホント、キックがついていれば、愛着もさらに深まっと言うもんだ。ただ、キックが付いていてもセルを使ってしまうというのは内緒ね。

まぁ、いいんだけど。

6速ミッション

元となったホンダSL230のエンジンと同形式のMD33Eとなっている。で、トランスミッションは6速なのよ。SL230は。いろいろ制約あるし、環境関連でパワーダウンしているのはわかるけど、6速は欲しかった。ホント。

まぁ、いいんだけど。

丸いウィンカー

CB223Sの角ウインカー

なぜCB223Sは角ウインカーなのだ?CB400SSもSR400も、みんな丸ウインカーじゃないか。

ぜったいにこの手のバイクは丸ウィンカーのほうがかっこいいはずなのに・・・謎だ。謎は深まるばかりだよ。

まぁ、いいんだけど。

もうちょい大きいヘッドライト

CB223Sを正面から見ると、なんかヘッドライトが小さめで、間抜けな顔に見える。マジで。

ほんのちょっと、あとほんのちょっとでいいので、すこし大きいヘッドライトにしてほしかった。

それと、ヘッドライト下のスカスカ感もある。ここもどうせならホーンをダブルにして埋めてほしかった。そーすれば、けっこういい面構えになったと思うのだが。

まぁ、いいんだけど。

タコメーター

メーター

このメーターはあかん。

CB223Sのメーター周りは、まじで所有欲とか満足感というものから、遠いところにある。

せめて・・・タコメーターを付けてくれるだけで、かなり違ったと思う。そりゃ、このCB223Sの使う回転数や、実際に回すかと聞かれれば、必要ないかもしれない。タコメーターなんて。

でも、CBという名がついているのだから、ぜひタコメーターは付けてほしかった。たぶんCBと名がついているバイクでタコメーターがないのは、このCB223Sだけ・・・のはずだ。CB50にだってタコメータついていたんだぞ。

まぁ、いいんだけど。

キレイな造形美のシングルシリンダー

sr400

SR400までキレイなエンジンとは言わない。でもせっかく空冷シングルエンジンなのだから、ちょっと、もうちょっとでいいので、キレイな造形美のエンジンにしてほしかった。

こうやって見ると、ホントSR400てキレイなバイクですよね。

CB223S

くらべてしまおう。CB223SとSR400を。

ホント、もう少し、ほんの少しでいいから、がんばってくれれば、このCB223Sもとてもキレイで、かっこいいバイクになったと思うのだが・・・どうだろう。

まぁ、いいんだけど。

まとめ

CB223Sをさんざんディスったが、かなり気に入っているのも事実だよ。

あばたもえくぼ・・・ってヤツ?

そう、こいつはそばにいると、空気のような存在だ。手もかからないし、文句も言わない。相棒としては、本当に長く続けることができると思うよ。

CB223Sは、手のかからないバイク欲しいなと思っているあなたに、ぜひとも乗ってもらいたい。そんなバイクだよ。

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする