Lenovo YOGA Tablet 2はWindows10にしてはいけない唯一の理由【後悔・ダウングレード】

Lenovo YOGA Tablet 2をセットアップして進めていくと、いつものようにWin10へのアップグレード促しがある。とりあえずパスしてログインをしても促しがある。

まぁ、メインで使っているHPの方はWin10にアップする予定はない。

ならば、このYOGAはWin10チェックのためにもアップしても良いのではないか。

まだなにも導入をしていないので、ちょっとアップをして見た(・・・がめっちゃ後悔をした)。

試したのは10インチのほうだが、8インチも同様だ。

Windows10にアップグレード

Win10にアップグレードで悩むことはないだろう。

普通の人であれば、朝、気が付くと勝手にアップされている人も多いのでは?

オレは切ってあるので、コンパネのウィンドウズアップデートより。

容量をチェックするが、2GB?・・・そんなわけないだろうと思いつつ進める。

ダウンロード中。

はいはい、アップグレードしてみてください。

この後は、基本放置で勝手にアップグレードされる。その時間は1時間もかからなかった。

ドライブの容量をみて愕然とした

ご存じの通りLenovo YOGA Tablet 2に搭載されているドライブはフラッシュメモリで容量は32GBしかない。

本当に心もとない。

Windows8.1のドライブ状態と容量

当然だが、64GBのSDカード導入済みだ。

で、メインのほうだが、セットアップ直後では空き容量が約20GBほどあった。

これならまーまーだろう。ある程度必要なソフトウェアを導入できる。

フリーソフトなどはSDのほうに入れるようにしよう。

さて、この状態から稼働前にWin10を導入したワケだが・・・どのようになっただろう。

Windows10導入後のドライブ状態と容量

領域を見て愕然とした。・・・・残りが7GBしかない。

導入前に約20GBあった残容量が7GBまで減ってしまった。

Win10導入に伴い、13GBも大切な残容量を食いつぶしてしまったワケだ。これはあまりにもひどすぎる。

お試し導入と思い、必要容量をチェックしなかったオレも悪いが、あまりにもこれではキビシイ。

すぐにダウングレードをすることになる。アップグレード後30日以内ならダウングレードでもとのWin8.1に戻すことができる。

Windows 8.1サポート期間

いろいろなリスクや容量を使いWin10にする必要はオレには無い。

気になるのはWin8.1のサポート期間だが、サポート期間は2023年1月11日までとなっている。

製品のライフサイクル ポリシーは Windows 8 と同じであり、サポートは 2023 年 1 月 10 日に終了します。お客様は、引き続きサポートを受けるために、一般公開後 24 か月以内に Windows 8.1 に移行する必要があります。詳細については、Windows 8.1 のよく寄せられる質問 (FAQ) を参照してください。

  • https://support.microsoft.com/ja-jp/lifecycle?C2=16796

あと6年以上ある。全く問題ない。

たぶん、今使っているPCも1-2年で買い替えになる可能性が高い。

なので、Win10にする必要は全く無いという結論に落ち着いた。

しかし、Windowsというのはアップグレードするたびに使いにくくなる・・・マジでWin2kかWinXPに戻りたい。

これだけOSがでしゃばり、インターフェイスが変わると・・・アップグレードされるたびに、どんどん使いにくくなるのはどういうわけだ?

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする