ホンダライフ事故車の査定・買取したら「タウ」がよかった件

ホンダライフ事故車の査定・買取したら「タウ」がよかった件をレポートするぞ。

先日、家族4人で遊びに行った。その帰りに嫁さんの運転するホンダライフが前に走っている車にぶつかってしまいました(オカマ)。

ぶつかってしまった車はハイエース。うちのライフはまっすぐその後ろのバンバーにぶつかった。当然運転席、助手席のエアバッグは開いてしまった。

ホンダライフ事故車

高速道路上であったこともあり、渋滞をさせてしまったことも本当に申し訳なく思う。

ただ、不幸中の幸いであったのは、家族4人全員大きな怪我もなく、その後病院に行ったが、ちょっとした打撲程度で済んだことは本当に良かった。

ウチのライフ君が、体を張って私達家族を守ってくれた。ホント、まじで感謝しか無い。

事故車の査定・買取したら「タウ」がよかった

ウチのライフは平成11年(1999年)の登録となっていて、この事故が起きた時点でもうすぐ20年車という高齢車だ。日本の車は本当に丈夫でこの約20年トラブルらしいトラブルは一度もなく、今日まで来てくれた。実は今年の春に車検をとり、また2年間は乗る予定であった。

ホンダライフ事故車

このような状況になってしまい、20年車では、ほぼ査定はゼロ。もしかしたら処分にお金がかかるのではないかという感じ。

カービュー事故車買取と事故車買取タウに査定を出した。

実は最初にカービューの事故車買取査定に出したのだが、ほとんど値段がつかず、けっこう評判の良かったタウに査定をしてもらった。

その結果、ほぼお金にならないウチの事故車ライフ君に1,000円の査定がついた。

事故車を買い取りでいくらお金が戻ってくる?

今回タウに事故車買取をしてもらったが、この1,000円以外にも戻ってくるお金がある。それが「重量税」「自動車保険」となっている。

ウチのライフ君は軽自動車なので自動車税は戻ってこない。もし軽自動車でなく普通自動車であれば自動車税も還付される。

  • 事故車買取:1,000円
  • 重量税還付:6,966円
  • 自賠責保険:15,350円(残17ヶ月として)

ちなみに自賠責保険は廃車後、必要書類を揃え加入している保険会社に解約をします。解約した月の翌月からの加入期間の分を月割りで返還してくれます。

自賠責保険の返金手続きの方法

保険会社に提出する書類は以下のようなものが必要です。

  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑(郵送の場合は「承認請求書」へ捺印)
  • 廃車が確認できる書類(登録事項証明書等)
  • 契約者本人の身分証明書(運転免許証、健康保険証等)
  • 振込先の銀行口座番号

還付金は現金では受け取れず、銀行に振込になります。また残月が1ヶ月未満の場合は還付がありません。

事故車買取 タウの申込み流れ

事故車買取 タウの申込み流れ

「無料査定をする」をクリックする。

必要事項の記入。事故車の写真を送信する項目もある。写真を送信すると査定金額の提示がすぐにメールでされるので、とても便利。

事故車必要事項、送信

以上の内容を送信した。

廃車買取手続きの流れ

査定メール

数時間で、タウよりメールが来た。廃車買取手続きの流れは以下になる。

  • お客様から車検証のコピーを受信 (FAXまたはメールにて)
  • お客様へ売買契約書・名義変更書類を発送
  • お客様から名義変更書類のご返送
  • お車のお引き取り (書類のご返送から約1週間)
  • お客様へ買取金額のお振込み (お車のお引き取りから約1週間)
  • 廃車手続き
  • お客様へ廃車証明を発送 (抹消謄本のコピー)

事故車買取 タウより書類到着

タウより書類到着

タウより書類到着した。

書類

書類はこのように鉛筆などで記入する場所が丁寧にガイドしてあった。

さらに記入例の書類も入っていて、トンチンカンなオレでも間違えようがなかったぞ。

すべての書類を記入して、同梱してあったレーターパックで送り返せば完了。

後日、廃車手続き後、廃車証明を発送 (抹消謄本のコピー)してもらえる。

事故車買取 タウより廃車証明到着

廃車証明

事故車買取 タウより廃車証明到着した。

以上で事故車買取、すべての作業が完了をした。

ただ、ウチの場合は中古車買取でも値段がつかないような年月の経っている軽自動車だったため、最終的には「タウ」が値段をつけてくれた。

もしあなたが事故を起こし、事故車買取を望んでいる場合、その車がまだ新しかったり、距離が走っていないのであれば「タウ」にこだわらず、ぜひ事故車買取の査定比較をしたほうが、いいと思うよ。

まとめ

ウチのライフ君は約20年という年月が経っていたので、新車を買う際にもこのライフ君は下取りにもならなかっただろう。

それが事故車買取で値段がついたのだから、それはホント助かるというものだ。

ちなみに事故車などをディーラーなどで引き取ってもらうと、前述の重量税なども処分費用に充当されてしまう場合もある。そのあたりは引き取りをしてもらうところにきちんと説明をもらおう。

事故車買取専門店に任せれば、重量税、自動車税(軽自動車除く)、自賠責保険などは返ってくること、ぜひ頭に入れておこう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする