人気のホンダ「N-BOX」が代車で来たのでフォトレポートするぞ

うちの車の1年点検とかで駐車場に見慣れない車が・・・おー!ホンダ「N-BOX」ではないか。

走っているのはやたら見るが、このように間近で、さらに中を見るのは初めてだ。

ちょっとカメラもって、あちこち撮影をしたぞ。

2015年度の車名別軽自動車新車販売ランキングトップ10

2014年に軽自動車税が引き上げられ(7200円→1万0800円)て去年2015年は、けっこうな数字を落とした。

その中でホンダ「N-BOX」といえば、マジで大人気。去年はタントから販売台数1位の座を奪った。

  • 1位:ホンダ「N-BOX」 17万2614台
  • 2位:ダイハツ工業「タント」 15万5768台
  • 3位:日産自動車「デイズ」 14万0413台
  • 4位:スズキ「アルト」 10万6852台
  • 5位:スズキ「ワゴンR」 10万0461台
  • 6位:ダイハツ「ムーヴ」 9万9466台
  • 7位:スズキ「ハスラー」 9万3212台
  • 8位:ダイハツ工業「ミラ」 8万5326台
  • 9位:ホンダ「N-WGN」 8万4268台
  • 10位:スズキ「スペーシア」 7万5780台

全国軽自動車販売協会連合会より

運転席は、本当に運転しやすい

運転席

アイポイントがちょっと高めで、非常に運転しやすいポジションだ。

またしっかりと幅のあるシートで、長距離でも疲れは少ないと思われる。

これ・・・ホントにうちのライフ君と同じ車両寸法なのか?と、思わせるほど広々感を感じる。

シフトレバーやエアコン関連スイッチ類

シフトレバー

シフトレバーは手元にある。ライフ君のコラムレバーとは違い、手元のシフトは扱いやすい。

どのポジションにあるかもきっちりわかる。その横にはエアコン関連のスイッチ類。

ナビモニター下にあるでかいハザードスイッチはいいな。

オーディオ関連はナビモニターで操作すると思われる。

フロントシート:助手席側から

フロントシート

フロントシートも広々。センターにはアームレストがある。

ライフのアームレストは小さいものだが、このアームレストはかなり大きく幅広のものが出てくる。

驚異的な広さのリアシート

リアシート

驚異的な広さのリアシート!足元の広さがシート座面異常に幅がある。

リアシート

これは広いぜ・・・ちなみにフロントシートは一番後ろに下げてある・・・マジで広い。

リアシート

オレが座ってみた。フロントシートバックまで30cm以上の距離があるぜ。

リアシートもスライドするので、一番前に持ってきても、まったく窮屈感がない。

このリアシートはマジで広すぎ。

リアシート

リアシートを一番前に出した状態と一番下げた状態を並べてみた。

一番前に出しても全く問題なく座れます。

ホンダ「N-BOX」:フォトギャラリー

こちらもいかがですか




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク