Windows10アップグレードからWindows8.1に戻す(ダウングレード)方法【Lenovo YOGA Tablet 2】

Lenovo YOGA Tablet 2 10インチでWindows10アップグレードしたのだが、激しく後悔をした。もともと少ない32GB内部メモリ領域が食いつぶされてしまった。

まっさらの状態では20GB近く残っていた容量がWin10アップして7GB程度の残りになった。これでは本当に困るのでダウングレード。

無料アップグレードした Windows10 は 1ヵ月以内であれば、ダウングレードすることができる。使うアプリやソフトが対応していない、周辺機器が動かないなどの問題が起きたらさっさとダウングレードしましょう。

Windows10アップグレードからWindows8.1に戻す(ダウングレード)方法

さっそくダウングレードをします。

画面キャプチャはWin10からWin8.1へのダウングレードですが、Win7も同様の方法となります。

スタートメニューの設定をクリックします。

設定画面の「更新とセキュリティ」をクリックします。

左メニューの「回復」をクリックします。

「Windows 8.1 に戻す」というところの「開始する」をクリックします。

ノートPCなどでAC電源に接続をしていない場合、このようなメッセージが出ます。

電源に接続をしましょう。

以前のバージョンに戻る理由をチェックする。

どれでもいいのでチェックをして「次へ」をクリックする。

更新プログラムインストールでWin10にとどまらせようとしますが、ここは「チェックしない」をクリックします。

「知っておくべきこと」が表示される。「次へ」をクリックします。

以前のWin8.1にログインしたパスワードを確認しておく。「次へ」をクリックします。

「Windows 8.1に戻す」をクリックします。

クリックすると PC が再起動し以前のバージョンの Windows の復元がはじまります。

1時間もかからずに以前のバージョンであったWin8.1に戻りました。

容量も以前の空き領域に戻りました。一安心です。

以上より、タブレットや空き領域の少ないPCをWin10にアップする場合は気を付けましょう。

Win8.1のサポートは2023年まであります。現状何も問題なければ、アップグレードをする必要性はないと考えます。

参考にしてみてください。

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする