アメリカンビーフを柔らかく・おいしく焼くコツ

アメリカンビーフを柔らかく・おいしく焼くコツを考えてみたい。見るからに硬そうで焼くとさらに歯が立ちそうにないアメリカンビーフではあるが、それを柔らかくする方法がある。

そんなアメリカンビーフを柔らかくして、美味しく食べられる方法をチェックしてみよう!

嫁さんが「肉食べたいーー」と言って、アメリカン・ビーフを買ってきた。そうそう、おれも肉食べたい。

そーいえば、先週オーストラリア行って、オーストラリアビーフのステーキ食べなかったもんな。

アメリカンビーフを柔らかく・おいしくの一手間

というわけで、牛肩ロースステーキ。アメリカンビーフのファミリーカット。

100gあたり213円。片方は349gあり、もう片方は515gある。もちろん割引シールがあることはぬかりない。

調味液

肉を柔らかくするには、玉ねぎと酒だ。やっぱり。

下味をつけながら、ワインと玉ねぎの力で肉を柔らかくする。

バットにつける

  • 玉ねぎ1個すりおろし、残りをみじん切り
  • にんにく一片みじん切り
  • ワイン、みりん、酒、各大さじ50ml
  • 砂糖大さじ1

バットに全て入れ混ぜ合わせる。

肉を叩く

肉は筋を切って、包丁の背中で叩く。両面叩く。

漬け込み

2枚とも筋切りをして、包丁の背を使い両面叩く。そしてバットに広げ漬け込む。

スプーンで下にある玉ねぎを肉の上に広げる。このまま冷蔵庫で3時間。

ちなみに1枚は今日焼いて食べる。もう一枚は一晩漬け込み、明日焼いて食べ比べ。

プレヒート

3時間後。スキレット(厚手鉄フライパン)をプレヒート。

強火。牛脂がないので、サラダ油をしく。十分フライパンが熱されたところで牛肉投入。

肉を焼く

いい音がして、片面を焼く。約1分。

タイマーできちんと計る。1分後ひっくり返す。そこへ赤ワイン投入。火が上がる。

マジでいいかおり。

フタをする

火を弱め、フライパンのフタをする。蒸し焼き。1分。

焼きあがったら、まな板に移し乗せ、少し休ませる。

うちは牛乳のパックを洗ってはさみで切っておいておき、それをまな板代わり。すぐに捨てられて便利。

ソースを作る

別フライパンで、漬け込み汁を煮込む。切り分けたステーキにソースを掛ける。

ステーキ出来上がり

ステーキを食す。ウマイ。非常に柔らかくなっていて、家族に大好評であった。

さて、今回は2日間に渡りアメリカンビーフを食してみたい。というのも、今日の漬け込みは数時間という短い時間であった。そこで、もう一晩しっかりと漬け込むとどのくらい柔らかくなるのかを確認したいのだ。

1晩漬け込んだアメリカンビーフはさらに柔らかいのか?

昨日に続き、一晩漬け込んだアメリカンビーフを焼いてみた。

冷蔵庫からバットを取り出すとなんだか昨日よりも染み込んだビーフが!

ステーキは焼く直前に冷蔵庫から出すのではなく、2時間程度前に出しておいて室温に戻しておくことはとても大事!

アメリカン・ビーフ

今日も、昨日同様にスキレット(厚手鉄フライパン)をプレヒート。

アメリカン・ビーフ

ステーキ投入。片面1分焼き、ひっくり返して1分。赤ワインをたらして、スキレットのフタをして1分。

アメリカン・ビーフ

完璧なミディアムレアじゃね?

アメリカン・ビーフ

皿に並べ、玉ねぎソースを別フライパンで炒め煮します。

ステーキにソースかけて完了。

で、一晩漬け込むと、3時間漬け込みよりもさらにやわらかくなりました。これはウマイ。

ただ、どうしても筋の多い、また油が多い端の方は、柔らかいのですが、けっこう噛み切りにくい。これはしょうがない。

なので、端は残して、炒めものかチャーハンに入れるといいでしょう。

まとめ

アメリカンビーフを柔らかくするには、こんな感じで玉ねぎソース漬け込むだけで、かなり柔らかくなる。

そして、その玉ねぎなどの漬け込みタレもおいしいステーキソースになるのだから一石二鳥というものだ。

一晩でお安いアメリカンビーフが柔らかくいただけます。お試しあれ!