エールフランスAF279パリ行で成田を出発【空港/機内のすごし方】

今年の夏はフランスへ行く。いつもの自転車イベント参加なのだが、今年もエールフランスにて、まずはパリ、シャルル・ド・ゴール国際空港へGoだ。

エールフランスのAF279パリ行は羽田空港をお昼過ぎに出発をする。

当日は台風の影響がどのくらい出るかマジでこわかったが、とりあえず定刻通り出発するようで、ホントよかった。

そんなわけでAF279パリ行を時系列で追ってみよう。

エールフランス航空は羽田空港ターミナル1

羽田空港ターミナル1

AF279パリ行は羽田空港ターミナル1でチェックインをする。

掲示板には定刻通り14時20分発となっていて、カウンターはJカウンター。KLMのKL2325便との共同運行のようだ。

チェックインまでのんびりランチビール

ランチビール

チェックインまで少々時間があるので、ランチビールとする。

日本酒

手持ちの日本酒にチェンジ。うまい。近くにコンビニもあるのでアテがなくなることはない。

現地の夕飯をソフトクーラーバッグで流す

ところで、海外旅行にはいつもクーラバッグを持っていく。レンタカーの場合はきちんとしたクーラーボックス。今回のようにレンタカー無しの場合はソフトクーラーバッグが良い。

今回のエールフランスAF279パリ行のシャルル・ド・ゴール国際空港到着は19時10分予定。そこからパリ郊外のホテルへ到着するのはヘタすると21時を超える可能性大だ。

その時間帯だとレストランはおろか、普通のお店もやっていない。パリの初日にディナー食いっぱぐれは困る。

なので、このソフトクーラーバッグにコンビニでおにぎりや酒のアテなどを満載して、凍らせたペットボトルを入れて預け荷物で流す。

当然、現地シャルル・ド・ゴール国際空港では食料を持っていること申告する。こうすれば初日より充実したディナーとなるわけだ。なんでみんなやらないんだろ?

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥903 (2019/10/17 15:49:32時点 Amazon調べ-詳細)

エールフランスAF279便パリ行き チェックイン

エールフランスAF279パリ行、2時間半前にチェックインカウンターに並ぶ。

さすがに8月。かなりのお客さん。満席だろうな。

エールフランスAF279便パリ行き ボーディング

ボーディング

エールフランスAF279パリ行のチェック員完了をしたので、すぐに出発ゲートへ。

空港が混んでいるとセキュリティ突破も時間がかかる。のんびりしたならゲート前がよい。何事も5分前行動ではない。空港に関しては1時間前行動をする。

羽田空港セキュリティを突破する。われわれのゲートは142番ゲート。

ゲート前の椅子を確保して、ちょっとおつまみ。

ボーディング開始。30分前にはゲート前に。

ウチラはけっこう後ろの方のシートなので、先に案内される。

無事に席につく。やれやれ。

AF279便パリ行き 機内でのすごし方

離陸後安定したら、いつもの通りアマゾンプライムビデオで「孤独のグルメ」をみながら食事などをチェックする。さらにアマゾンアンリミテッドで本を何冊か落としているので、これからの時間もかなり有効に使えるだろう。

ほどなくしてドリンクサービス。ハイネケンビールで喉をうるおす。

AF279便パリ行き 機内食夕飯

エールフランスAF279パリ行は羽田を飛び立ち、ちょっとしてからディナーがサービスされた。

オレはメバルのから揚げをいただく。煮物もあり、うまい。

赤ワインをいただきチーズやサラダをアテに呑み進める。うまい。

食後酒もあり非常に充実をしたエールフランスAF279パリ行のディナーであった。

その後アマゾンプライムビデオ見ながらウトウト・・・5時間ほど寝られた。

AF279便パリ行き 機内食朝食

日本とパリの時差は7時間ほどのはず。

14時過ぎに羽田を出たエールフランスAF279パリ行は12時間ほどのフライトで当日19時過ぎに到着をする。なので時差ボケを取るためにはあまり寝ないほうが良い。

と、思ったがけっこう良いスミンを取ることができた。起きるといい感じでランチ?朝食?がサービスされた。ビールはない。

パリ空港着陸後スマホにSIMを挿す

ほどなくしてエールフランスAF279パリ行は到着をした。

シートベルト着用サインが消え、通信機器使用が可能になったところで、スマホにオレンジSIMを挿す。すぐに電波を掴みSMSが飛んでくる。で、あっさりとつながった。コレは助かる。

オレンジSIMは挿せばすぐに使える、かなりよいSIMだぞ。

まとめ

そんな感じで、エールフランスAF279パリ行は無事にパリ、シャルル・ド・ゴール国際空港に到着をした。シャルル・ド・ゴール国際空港のカートは無料。助かる。

到着ゲートで、オレンジSIMでつながったスマホを使い予約した個人タクシーに電話。すぐに迎えに来てもらい。我々は無事にパリ郊外のホテルへ到着をした。

おすすめの記事