台湾遠征DAY4:大武→高雄は快適な指定席確保【新幹線満席・絶望】

無事に予定をしていた大武駅に到着。

駅の周りにはノラ犬?がウロウロしている。

しかし、地方の駅とは思えないほど、とてもきれいな駅だ。

唯一の心配は・・・駅員さんに英語通じるかというところか。

駅内は、このようにとてもきれい。ゴミ一つ落ちていない。

さらに駅内コンビニ?Kioskがある。

まずはチケット確保だ。

すばらしいことに、この駅の駅員さんは英語が通じた。マジ助かった。

高雄経由で新幹線利用して桃園まで行きたいこと告げると・・・午後の新幹線は満席との返事・・・えっ、マジ?

今日は日曜日で、台北行は混んでいるとのこと・・・えええええ。

それはちょっと予想外だった。台湾も(当たり前だが)日曜の午後新幹線上りは混んでいるのだ。ああああ・・ウェブ予約しておけばよかった・・・後の祭り。

とにかく、今日中に桃園空港へつけないことには帰れないので、どんな列車でもいいので桃園空港近くの駅まで組み合わせてもらった。

高雄→台北が2時間程度で行くが、普通の急行程度となるとかなりかかる。なんといっても400㎞近くあるからな・・・

とりあえずここ大武駅→高雄は1本(電車番号704)で指定席有り。

高雄→桃園は1本で行くが、通しで指定席がない状態。台南までと嘉義まで、場所は変わるが指定席有り。

その後は「No Seat」とのこと。マジか・・・14時発で桃園到着が20時37分。

約6時間半の工程だ。キツイな・・・

で、トータル961元だった。約4,000円くらい。

まー、腹くくっていくしかない。

今日中に桃園空港へ到着すれば、深夜3時の飛行機で帰れるのだから。

ほいほいと輪行セットアップ。

空港着いたら、飛行機用に輪行やり直しなので、それように不必要なものはできるだけバラす。

輪行完了。飲みたかったが、電車に座るまでは控える。

発車時刻20分前になったのでホームへ移動。風が吹きはじめ霧雨が降ってきた。

けっこう寒い。

オレの乗る704便は14時発。オンタイムのようだ。

待っていたら、オレンジ色のディーゼル車両が引っ張るヤツが来た。

その後ろには、しっかりと客車があった。

自転車は一番端のシート後ろのスペースに無事入れることができた。マジ助かった。

指定席があるというのは、本当に助かる。車内とても暖かくほっと一息。

とりあえず高雄まで2時間は快適に電車旅だ。

適当にビールをあけ窓の外を眺めながらのんびりする。

今回の旅ではじめて青空を見た。

大武からは台湾の山を横断して西海岸のほうへ行く。途中たくさんのトンネルを通過した。

西海岸へ出る。天気はいまいちだなー

海苔巻きを食べながらビールをすすめる。

急行系の電車なので、小さい駅は飛ばしていく。

大きめの駅にはきちんと止まる。

こんな駅にも止まった。

こんな駅も。だんだんと高雄に近づいていく。

無事に高雄到着。やれやれ第一ステージ終了。

しかし、ホントにキビシイのは、次の第2ステージだよな。

指定席を1時間程度で変更して、最後は17時半から桃園到着20時半まで3時間ノーシート・・・

輪行袋あると、そうあちこち移動もできない。

まー、腹くくっていくか。

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする