台湾遠征DAY4:高雄→桃園は席無しでデッキに座り込み4時間の苦行【週末台湾は予約必須だ】

高雄まで無事についた。

しかし、ここからが本番だ。この台北域の列車に乗るわけだが、オレの席はないに等しい。

でかい輪行袋をもって、車内移動はほぼ不可能。

とりあえあず台南までと嘉義までの予約席はあるが、座るつもりなし。

「自強」ということもあり、いわゆる特急扱いの列車のはず。

それでも、ここ台南を16時51分発で桃園へは20時37分着だ。とりあえず4時間弱。

とりあえず乗り込む・・・マジで人が多い。

すぐにドア近くのデッキに輪行袋を立てかけ、その場に座り込む。4時間立ちっぱなしのワケに行かない。

相当な席無しの人がいて、通路を含めかなりの人が立っている。マジか。

通路の立っている人たち。オレを含めドア近くの人はステップに座っている。

小型折り畳みイスを持っている人もいる。席無しは織り込み済みなのか?

このデッキだけで8人くらいいる。右手は洗面、トイレがあるようで余裕が少々ある。

手持ちのおにぎりは2個ある。水もあるので、とりあえずはひもじい思いをしなくても大丈夫だろう。ビールもあと2本あるが、さすがにあける気にならない。

逆のドアが空けば、立つ必要はないが、こっちのドアが開いた場合は立って輪行袋をささえる必要も出てくる。

まぁ、それでもこんな旅もそうは出来合いので、そこそこは楽しい。

ヘッドセットで音楽を聞きながら時間を過ごす。

そんなこんなで時間は過ぎ・・・ホレ、あとチョイで桃園だよ。

あー、やれやれやっとおりることができたぜ。やっとこ到着、桃園駅。

オレの列車も約20分遅れで到着・・・トータル4時間を超えた。きつかったな。

でも無事に桃園へ帰ってきた。

あとは空港へ行けばOKだ。

とりあえず改札を抜ける・・・が、よく考えるとここは新幹線駅ではない。

新幹線の駅からは桃園空港行のバスが出ていると思ったが・・・ここ普通の桃園駅からは空港行のバスはあるのだろうか??

このでかい輪行袋をタクシーに乗せるのは微妙なので、とりあえず駅員に聞いてみよう・・・

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする