台湾遠征DAY3:宿、ナイトマーケット

やっと到着をした台東の今日の宿。

遊民公社 Hostel Who KnowsというホステルでAirbnbで予約をしておいた。

遊民公社 Hostel Who Knows

台東の街からちょっと離れた、とても静かな場所にある。

リビング

ドアを開けると、すぐにリビングになっている。

夜になったら入口のところにバイクを置かせてもらった。

冷蔵庫や電子レンジ、食器類などもここにある。

テーブルソファー

奥にはソファーやテーブルがある。

そしてその奥にはシャワーがあり、階段があって寝室の2階に続く。

ベッドルーム

ベッドルームだ。

スチール製の2段ベッドのため、ギシギシ音が非常に少ない。

快適な寝心地だったぞ。

台東ナイトマーケット

ホステルから歩くこと10分程度で台東のないとマーケットに行くことができる。

ナイトマーケット入口に差し掛かると・・・その熱気でやられる。

オレは途中のコンビニで、とりあえずビールとスミノフを買いこみ・・・夕飯を物色。

土曜の夜とあり、とてもたくさんの人が歩いている、そして食べている。

えっと、これが例の「釈迦」つーヤツ?

トライをしてみたかったが、まー、次の機会でいいかな。まずはビールのアテだ。

カニ・・・イカ・・・など。うーーーむ。

練物系か。これはこのまま食べるのか?それとも持ち帰り系なのか?

と、思ったら「鴨頭」が大量にならんでいた・・・口ばしが・・・頭が・・・

これ、どうやって食べるんだろ・・・

つーわけで、鴨頭にビビッて、無難に牛排にしました。安定の牛排。

安定の牛排。台湾クラシックと一緒にいただいた。130元。安いよね。

で、牛排やっている隣に、臭豆腐あった。

やっぱりここは一つトライをしておこう。

ここでは臭豆腐を揚げているようだ。

で、この揚げ臭豆腐がまたウマい。全然におわないし、甘辛ソースとマジ合う。

目の前に置いてあるチリソースをからめて、ビールとマジウマい。

で、牛排がなくなったところで、ビールちょっとスミノフが余っているので・・・看板を見ているとどうにも気になるヤツが。

「花枝排」・・・一体何だろう??

一番端の海陸も気になるが、もし失敗した場合、値段も高いのでイタい。

しかし、牛排と同じ値段の花枝なら、まぁ大丈夫か。一体何だろう・・・

というわけで、たのんでみたところ・・・

イカだった。

そうかなるほど。花枝ね。

たしかにそのようにイカが切ってあって、お花と枝に見えるぞ。

非常に満足して、ナイトマーケットを後にした。

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする