台湾遠征DAY0:成田空港から台湾桃園国際空港へ行くぜ【22時発 GX11】

台湾遠征の日がとうとうやってきた。オレの乗るジェットスターGX11は成田を22時に出発する。

というわけで、成田へ行く空港バスも最終便でOK。

自転車OK、荷物OK、パスポートOK、つまみOK、酒OK!!

レッツゴー

定刻通り成田行バスは来た。成田空港まで3,300円。

バスガラガラ。たすかる。いつもの通り、運転席側の一番最後尾を陣取る。

ビール→感酎ハイと飲み進める。

酒のアテはコンビーフで行く。あとピーナッツ。うまい。

いや、バス旅は安心だよな。

鉄道だととんでもないところに到着をするけど、バスであればターミナルがどこであろうと、かなりいい場所で降ろしてくれる。

さらに荷物カートも大体近くにあるしね。

18時前には無事に成田空港第3ターミナル到着。

この第3ターミナルいいよね。機能的で。

出発ラッシュなのだろうか・・・18時ころのジェットスターカウンターはすごい行列、すごい人の数。

チェックインの列が長蛇になっている。

22時発だから20時ころにチェックインすればいいだろう。

っと、その前に台湾ドルを少々両替しておこう。

まぁ4日ほどなので、ここで1万円両替。

レート悪いな・・・1万円で2300台湾ドルしか来なかった。

端数は日本円でおつりが来た。

というわけで、第3ターミナルのフードコートで酒とアテを出してとぐろを巻く。

まぁ、まだ荷物も預けていない状態なので、あまり酔っぱらわないようにしよう。

5合の日本酒は残ったら輪行袋に入れて預け荷物で持っていく。

帰りの台北空港で飲めばいいわけだ。

20時過ぎになったので、飲みをいったん切り上げ、チェックイン。

ウェブチェックインでもいいのだけれど、こんなでかい輪行袋付きなので、カウンターでチェックイン。

20kgの枠に対して、この計測。バッチリだ。

酒とか入っているから、帰りは少し余裕ができるであろう。

オレのジェットスターボーディングパス。21時半にはゲートに集合なので、もう少々飲めるな。

どうせ、飛行機に乗ったら何をやるわけではない。座ったら寝るだけ。

きっちり飲んでおけば台北空港までバタンキューだろう。

スモークタンとチーズをつまみにゴールデンハイボールで飲み進める。

21時も過ぎたのでセキュリティを通って出国だ。

LCCはバスに乗って飛行機まで行くことがほとんどだ。外は寒いな。

今日の台北行の飛行機も、かなり満席。

シートベルトしてバタンキュー。そういえば、ちょっとしたミールが出るんだった。

とりあえずもらっておく。スタート前の補給食にもなるしね。

きっちりと飲み進めたので、バッチリバタンキュー。台北空港まで睡眠一直線だった。

気が付いたら台湾桃園国際空港に到着をしていた。

深夜の空港は静かだ。

オレは子の空港で夜明かしをする予定なのだが、他の人たちはどうするのかなー

やっぱ、ホテルとかとってあるのかな。たぶん公共の交通機関は動いていないだろう。

タクシー頼みだろうな。

オレの輪行袋も荷物コンベアーに置いてあった。

とりあえず、台北空港でも両替をしてみよう。ここでも1万円。

おい、台湾で両替したほうがはるかにレートがいいぞ!1万円で2500台湾ドル以上来た。マジか。

レート悪すぎだな。日本の銀行。2度と日本で両替しないぞ。

で、この椅子で夜が明けるまで寝ていた。

けっこう寝ることができたけど、ちょっと寒かったかな。枕は衣類の入った風呂敷。

外を見ると・・・台湾初日はいきなり雨。

マジか。たしか花蓮まで100㎞以上あるんだよな。時計を見ると7時前。

雨か・・・電車で空港を抜けるのも一つの手だよな・・・なんてちょっと弱気な気持ち。

まずはSIMを手に入れて、自転車組み立てて、必要なない輪行袋やエアポンプを荷物預け場所に預けていかねば。

あ、あとWIFIの登録も。

しかたない。動き出すか。

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする