CB125Rで福知山城

さて今日は丹波の故郷を巡るCB125Rのツーリングとなっている。この時期になるとかなり気温は低くなるが、まだギリギリツーリングできるような感じかもしれない。

タイトルのように丹波の黒枝豆をさがしてみようと思っている。

まずは雨の福知山城

キャンカーよりバイクを下ろす。スタートは道の駅 瑞穂の里・さらびきです。スタートしてすぐに霧雨が降り始める・・・CB125Rで初めての雨中走行。

福知山城到着。

雨は止んだけど・・・路面がびっしょりではねあげがツライ・・・

丹波の黒豆を探す

その後丹波の黒豆をさがす。道の駅丹波おばあちゃんの里による。いかにも黒豆を売っていそうな道の駅だ。すかさず農産物のところへ行く。

しかし、見回しても枝豆らしい山は見つからない。

仕方なく店員さんに聞いてみると・・・丹波の黒豆は10月の頭で終了だそうだ!まじか・・・1ヶ月遅れであった。それでもあきらめがつかないオレは「黒豆の館」へ行ってみる。

黒豆の館!いかにも丹波の黒豆がどっさりありそうな農産物販売店である。

しかし運が無いときはとことんない。なぜに火曜日が定休日なのだ。たぶん今回丹波の黒豆には縁がないのだろう。枝豆はあきらめた。しかし最後の望みを黒豆パンにつなぐ。

丹波篠山の黒豆パンを求め走る

バイクツーリング出発前に丹波の土地勘ないことツイッターでつぶやいたらつじいさんから黒豆パン情報が!丹波の黒豆いけるじゃないかとバイクを走らせる。

小西のパンに到着!

しかし、ホントについていないときはトコトンついていないものである。丹波の黒豆は時期が完全に外れているのであきらめもついたが、黒豆パンの定休日は凹んだ。

篠山城跡に寄って終了

丹波の黒豆も黒豆パンも買うことができず、手ぶらではしょうがないので篠山城跡による。

お城はなくなっていて大書院がある。その後帰路につく。

15時過ぎに無事帰宅。楽しいツーリングではあったが、丹波の黒豆にすべて見放された前年な結果に終わってしまった。ぜひ次は10月のシーズンに来たいものだ。

まとめ

丹波の黒豆はかなりシーズンを外れているのがわかっていたので、道の駅店員さんにシーズンは終わりましたと言われて納得をした。しかし、その後の黒豆の館や黒豆パンが定休日だったのは日頃の行いが悪いということなのだろう。

まぁ、次回に期待である。