ギネスビールの泡は缶の中に貼っているアレのおかげ

オレは黒ビールスキ。で、ギネスビールはかなり好き。

ウマいよねギネス。

さて、そのギネスビールだが、ビールを継ぐときはきちんと行きたいものだ。

ギネスビール

ギネスビールを缶のまま飲むなんて、マジありえない。

きちんと330mlと泡が生成できるだけのキレイで冷えたコップを用意することは、ぜひやってもらいたい。

ギネスビール

で、ゆっくりとそそぐのだが、この泡のきめ細かさは特筆に値するよね。

ギネスビール

で、この状態で2分ほど待てと、缶にある説明書きに記載をされている。

まー、マジでうまいワケだ。

ギネスビール

そして、飲み終わった後のギネス缶を振ると中でコロコロしているのよ。

その物体をちょっと見てみようと思う。

ギネスビール

缶を開けると、中に白いピンポン玉が・・・

ギネスビール

このようなピンポン玉が、ギネス缶の中に装填されている。

ギネスビール

コイツのおかげで、あのきめ細かな泡が生成されるとのことだ。

で、コイツの名前は「フローティングウィジェット」と言うそうだ。

とにかく普通に注ぐだけで、だれでもアノきめ細かな泡立ちのよい黒ビールが味わえる。

何ともすばらしいことではないか!

ウチは嫁さんも、このギネスビールのファンで・・・何かあると「ギネス」か「エビス」かで本当に迷うワケだ。

こちらもいかがですか




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク