キリン本搾りは「オレンジ」が一番だろ?【香料、糖類は一切無し】

ウチの晩酌、ビールの後の定番がキリン本搾り「オレンジ」

もう、ずっとコレ。

もし、まだ飲んでいないなら、ぜひ飲んでみてくれ!

一発でファンになるぜ!

キリン本搾り 「オレンジ」

もう、どこへ行くにも本搾り。

キリン本搾り 「オレンジ」

当然冷蔵庫には、いつも並んでいる。

ウチの嫁さんもこれは一押し。

しかし、悲しいことにスーパーなどで並んでいる場合、「レモン」「グレープフルーツ」のほうが多いのだ。そう、やっぱりオレンジは少数派なのだろうか。

チルドのコーナーなどで、本搾りがある場合、必ず並んでいるのはグレープフルーツ。

しかし、オレンジが冷えている場合は非常に少ない。これはとても残念。

キリン本搾り 「オレンジ」

この本搾りオレンジ、なんといっても原材料に潔さを感じる。

この人工甘味料やいろいろな化合物が横行している中、本搾りオレンジは・・・・

「オレンジ」「ウォッカ」のみ!

無いんじゃない?こんな感酎ハイ。

当然だけど砂糖や糖類、人工甘味料は入っていない。

キリン本搾り 「オレンジ」

当たり前だが、人工甘味料などで甘さを出していないので、カロリーは少々高め。

糖類は果汁由来だそうだ。

しかし、体に悪いものをできるだけ摂取したくない場合はいいんじゃない?

オレンジは果汁45%という微妙な数字だが、そのへんに売っているオレンジジュースと同じくらいの果汁割合だ。

この数字も一番おいしい割合を出したんだろうね!

キリン本搾り 「オレンジ」

そして、本搾りの缶を開ける前に、必ず行う儀式・・・・

「逆さ缶」だ!必ずやってくれ。

ところで、本搾りを逆さ缶といって、「振る」なよ。マジで。

オレ、以前本搾りを手から滑らせ落とした。そのまま缶を開けたら炭酸爆発して半分以上吹きこぼれた。だから振るなよ。

ウチの定番缶酎ハイ。

この本搾りオレンジから変わることは当分ないと思われます。

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする