CB223S リアボックス・トップケース取り付け【ヘルメット2個のレイズ】

オレのCB223Sには前オーナーさんから譲り受けたときからトップボックスが付いていた。このリアボックスが非常に大きく、なんとヘルメット2個が余裕で入ってしまう大きさだ。

この大きさは感動モノで、ちょっとしたツーリングなどでは全く困らないし、普通に1週間程度の宿泊ツーリングでもこなしてしまうくらい巨大なボックス。

リアキャリアの耐荷重を少々心配してしまうレベルだ。そんなウチのトップケースはなんと買値で5,000円もしない。かなりステキなので紹介する。




取り付けてあるトップケースはレイズ リアボックス 48L

レイズ リアボックス 48L

  • 【仕様】リアボックス(トップケース) 48L
  • 【セット内容】48Lリアボックス(本体)…1個/ベースブラケット…1セット/取り付けステー…1セット/取り付けボルト…1セット/カギ…2本
  • 【対応車種】汎用品
  • 44.5 x 61 x 33.5 cm

横幅が61cmもある。フタを開けると本当に大きく開口部が開く。普通にフルフェイスヘルメット2個がキチンと収まってくれるくらいの容量がある。

このくらいの大きさがあると、ツーリング途中で野菜とかスイーツとか酒とか、かなりのお土産を買っても大丈夫と思える。

ヘルメットが2個はいる48L

Ray's (レイズ) リアボックス 48L トップケース

さすがに50L近い容量があるといろいろなものが入る。

本当にこの画像のようにメットは2つ、空いた隙間にグローブや例えば外したカーナビや小さいバッグなどは入りそうだ。

メッチャ便利。

ワンタッチで取り外しできる

トップケースの底部にはこのように取り付けボルトがあり、このボルトを緩めると簡単にトップケースがベースより外れる。

ただ、荷物はある程度出さないと、このボルトを緩めることは出来ない。それでも1分もあればお手軽にケースがバイクより外せるのは旅先でとても助かるだろう。

ベースブラケットステーなど同梱されている

ベースブラケットや取り付けボルトはすべて同梱されている。

キャリアはあなたの乗っているバイクに合うものを探しておこう。

大きいリフレクターで後方視認性アップ

この大きいリフレクターは夜間走行で非常に安全に役に立つ。

後ろからの車のヘッドライトで非常に目立つこと間違い無し!

エンデュランスキャリアでぴったりフィット

エンデュランスのキャリア

ちなみにCB223Sであればアシストグリップがついている、タンデムの人がとても安心できるエンデュランスのキャリアが一番よい!

買い物袋3袋を余裕で飲み込む

このでかいトップボックスがあるので、CB223Sでよく買い物に行く。

だいたい買い物かご2つ買うとショッピングビニール袋3袋程度になる。そしてこの48Lトップボックスは3袋の買い物袋を余裕で飲み込んでしまう。

このように買い物かご2カゴ、買い物袋3袋を余裕で飲み込みフタができるのだ。

見てもらえれば分かるように長いネギなどがあっても問題なくフタが閉まる。全幅61cmはダテではない。バイクで買い物ができる駐車場などを気にする必要が無いのでとても便利だ。

まとめ

バイク用のリアボックス、トップケースを取り付けると、マジでバイクはかっこ悪くなる。いきなりお買い物バイクになるから。

前乗っていたCB1300SFにはトップケースは付けなかった。そもそもキャリアを付けた時点で、バイクのデザインは台無しになる。

しかし、CB223Sは違う。トップケースがあることで、その利便性は飛躍的に上がる。あと、小さく見えそうなバイクが一回り大きく見えるのもグッドだ。

あなたがもしトップケースを取り付ける場合、ヘルメット1個タイプではなく2個タイプの大きいヤツを付けることおすすめする。どうせかっこ悪くなるなら大きいボックスのほうが使い勝手はいいぞ!

CB223Sがウチに来て約2ヶ月が経過をした。この間でツーリングを3回ほど、週に2回ほどはそこらを3-40kmほど走っている。 走行距離は...
スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする