イタリアレンタカー/スピード違反罰金をウェブ/カードで支払った件

イタリアレンタカーでスピード違反をしたようだ。で、その罰金をウェブサイト上でクレジットカードを使い支払ったので、今後の戒めと備忘録として残しておく。2019年度最新版となるので、今後同様にイタリアから罰金のお知らせのあった方にも参考になるだろう。

先週末にオレのもとにイタリアから封書が届いた。きちんと書留となっている。まぁ、この手のヤツが海外から届くと・・・大体においてレンタカーの違反と相場決まっているのが悲しい。

今回も例にもれず、多少覚悟しながら封書を開くと案の定、交通違反のお知らせだ。あかん。

嫌な思い出はさっさと終わらせたい。さらに受け取ってから5日以内なら3割引きというおまけ付き。マジかよ。

イタリアから交通違反のお知らせ

このような感じでイタリアより封書が届く。2019年度最新版なので、たぶん皆さんのトコに届くヤツもこんな感じだろう。

イタリアに行ったのは去年なので2018年。8月1日12時28分の違反のようだ。

スピードリミット70kmのところを7kmオーバだとさ。そんくらおまけしろよ。

ちなみに写真をチェックしたら、どうやらこの高速を降りてミラノ市街地に入っていった時のようだ。この料金所を降りたのが12時23分なので、この5分後のようね。だめじゃん。

罰金支払いサイト「emo.nini.it」にアクセスして支払い

「http://www.emo.nivi.it/」にアクセスをする。このサイトは詐欺サイトではないとのこと。

ユーザー名、パスワードでログイン

書類に記載をされているユーザー名とパスワードでログインをする。

「Access the dossier」をクリックする。

違反内容のチェックと支払方法の選択

まずはきちんと違反内容をチェックしよう。

ご丁寧にオレの名前、住所も表示されている。時刻や違反内容も。10km/hなんだからいいじゃん・・・というわけに行かないようだ。

イタリアのスピード違反はかなり厳格でキビしい。その割にはガスステーションでワイン飲んでいるヤツとかいたようだが、アレは大丈夫なのか?

  • クレジットカードの場合「VISA」「Master」のどちらかを選択してクリックをする
  • 罰金の選択ができる。5日以内なら一番安いのを選択。60日超えたら一番高いやつになる
  • 自分のSurname(氏名)、Name(名前)を入力する
  • 書類を受け取った日を選択する。
  • 「Confirm」をクリックする

支払い

「Pagamento On-Line」をクリックしてカード払いのページに移動する。

罰金をクレジットカードで支払い

支払いサイトに移動をする。「VISA」をクリックする。

カード情報を入力する。

入力を完了したら「PROCEED」をクリックする。

支払金額を確認して「DATE SEDING」をクリックする。

イタリアスピード違反の罰金をオンラインクレジットカード支払いで完了。やれやれ。

まとめ

このところ、海外でレンタカーを運転すると、スピード違反をしたり駐車違反だったり、ペイレーンだったり、有料道路の料金未払いだったりと決まってペナルティの封書をもらう。

今回のイタリア旅行は何もなかったとホッとしていたところ、1年以上立ってから違反通知が来やがった。マジかよ。

次回は絶対に違反をしないよう、キモに命じて行きたいと思っているぞ。

こちらも見てみませんか?