NTTフレッツ光解約した【NTTレンタル機器返却の方法】

今年に入り、ウチのネット環境とテレビ環境をケーブルテレビのJ-COMにした。そうすると、今まで使っていたNTTフレッツ光のモデムやらルーターやらを返却する必要が出てくる。

ちょいと前の話だが、解約後にNTT東日本レンタルキット機器返却のキットが来た。この返却方法をチェックしてみよう。




NTT東日本レンタルキット機器返却キットの中身

このような封書でNTT東日本レンタルキット機器返却キットは手元に届く。

内容は返却するためのゆうパックの封書と書類、さらに光ケーブルカットツールなるものがメインの同梱物となる。

ちなみにルーターやモデムを梱包するダンボールなどは同梱されていないので、開封時の梱包物があればいいが、ない場合は新聞紙などでくるんで送ることになるだろう。

オレは新品時の元箱を所持していたので、それを使った。

光ケーブルカットツール

個人的に、ちょっと感動したのはこの光ケーブルカットツール。

壁にはっている光ケーブルはモデムに直接挿入されていて、コネクターなどはない。これはどのように外すのかと思ったら、光ケーブルカットツールなるものが同梱されている。

使い方、光ケーブルをカットする方法は非常に簡単だ。光ケーブルをカットツールの所定位置に納め、パチンと挟み込めば光ケーブルカット完了となる。

うちの場合はリビングの壁に光ケーブルがある。その適当な位置で光ケーブルカットツールをセットする。

カットしても良い位置にセットをしたら、ペンチのようにパチンとカットツールで挟み込む。

そうすると、カットツールからコネクターを付けられた状態で壁の光ケーブルは残り、モデム側はカットされる。

カットされた状態でモデムは梱包をして送り返す。

モデムとルーターの梱包

光ケーブルのカットが完了をしたら、ルーターとモデムを梱包して、送付キットに入れて梱包を完了する。

AC電源や色々なケーブルもあるので、すべて袋に入れる。

あとはゆうパックとなっているので、送り返そう。

まとめ

光ケーブルカットツールを使うことにより、壁にはしっかりとNTTフレッツ光のケーブルがコネクターが付いたまま残っている。

次、もしフレッツ光を再契約する場合、屋内、屋外工事は殆どやらなくて済むだろう。

というわけで、作業時間は全て含めて30分ほどで終わるよ。

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする