コロナ検査キット

コロナ検査キットというものが市販されている。今回あるイベントに入場するためにコロナワクチン3回接種の証明が必要になるとのことだった。オレはコロナワクチンは受ける気が全くといってないので、このような接種証明書などはない。

というわけで、証明書がない場合は抗原検査キットの陰性で代替ということで、新型コロナウィルス抗原検査キットなるものを使ってみた。

コロナウィルス抗原キットはどのように購入をしたのか?どのようなタイプのキットなのか?どのように使い陰性や陽性の場合どのような表示になるのかを合わせてチェックをしてみた。

購入をした新型コロナウイルス 抗原検査キット

今回購入をした新型コロナウイルス 抗原検査キットは小林製薬が発売をしている唾液で検査をする変異株対応の抗原検査キットです。

約8分間で検出ができます。価格の1つであれば1000円弱。まとめ買いをすれば更に安くなるようだ。

  • 変異株・変異ウイルス対応 検査キット
  • 検査1回分入り
  • 【完全個別】包装/【個別密封】包装
  • 8分で結果がわかるセルフ検査キット

新型コロナウイルス 抗原検査キットの検査方法

新型コロナウイルス 抗原検査キットの検査方法を見ていこう。特にむずかしいことはない。薬液の入ったボトルに自身の唾液をして容量入れてチェックするだけだ。

それでは順番を追って検査方法を見ていこう。

まず専用検体希釈液の入ったボトルの青いキャップを外し検体採取用ろうとを取り付けます。

唾液をろうとを通して容器に入れます。このとき気泡のない唾液を指定容量(約1ml)入れる必要があります。特に気泡が多くても指定容量の唾液が採取できていれば問題ありません。

その後ろうとを外して青キャップをはめ、唾液と専用検体希釈液がよく混ざるように容器をしっかりと振ります。

テストプレートを復路から取り出し、水平な場所へ置きます。

容器の青キャップを外し、スポイトで気泡を避けて検体を採取します。

テストプレートの楕円形のSと表示のある穴に検体を3滴ほどスポイトより滴下します。この時4滴以上滴下してはいけません。判定結果がエラーになります。

このように滴下した検体が徐々に左側に染みていきます。

新型コロナウイルス 抗原検査キットの検査結果

この状態で検体を滴下したら8分待ちます。

8分ほど待つとテストプレートにラインがにじみ出て表示されます。

何も表示されなかったりTの所に表示された場合は無効になります。

とりあえず、オレの場合Cの部分に表示され検出なしという結果でした。

まとめ

新型コロナウイルス 抗原検査キットの使い方と検査結果の表示などを確認してみました。上記のようにスマホなど日付と時間をテストプレート結果と一緒に画像を撮影しました。これをイベント入場の時に提示をして無事にイベントに参加することができました。

まー、オレの場合はコロナワクチンなど打つ気は毛頭なく、またこのような検査なども本当に無駄だと思っている。あなたがこのような検査で陽性が出た場合、間違っても陽性の報告などはしないでほしい。どうせ無症状でしょ?

というわけで、アホなコロナ騒動はもう飽きたので早く終了をしてほしいと思います。