糠平温泉湯巡りVo2:湯元館【ライダーズルーム完備の宿泊料金1,500円格安】

糠平温泉郷で湯めぐりしたぞ。2日目は湯元館さんに行ってきた。

糠平温泉郷は非常にコンパクトで端から端まで歩いても、余裕で歩けるくらいの小さな街。

1日目の中村屋さんもよかったので、2日目となる今日の湯元館さんも期待大だ。

湯元館外観

糠平温泉郷のかなり奥ほどにある湯元館さん。

そのほとんどの温泉施設や旅館はこの国道沿いにある。

そのレトロ系な施設、看板が歴史を感じさせる。

この日もたくさんのバイクが並んでいた。

ライダーズルーム 湯本館

それもそのはず。この湯本館はライダーズルームを備えているわけだ。

1泊1,500円であれば、やはりこちらを選んでしまうであろう。バイク乗りなら。

湯めぐり手形:1200円

ぬかびら源泉郷では、日帰り入浴でも温泉が入れるよう、1枚で3か所に入浴できる湯めぐり手形を販売されている。

手形をご利用可能な施設は以下となります。

  • 湯元館
  • ペンション森のふくろう
  • 糠平舘観光ホテル
  • 糠平温泉ホテル
  • 湯元館
  • 山湖荘

温泉:脱衣所

昔系の脱衣所だ。ロッカーなかったので貴重品は持っていかないほうがよいかも。

この扇風機がいい味を出している。もちろん回る。

温泉:内湯

湯量たっぷり。

湯がひっきりなしに出ている。

洗い場

備え付けのシャンプーやボデイソープはありました。

露天風呂

露天風呂へいってみましょう。

露天風呂は一つしかないようです。とてもきれいなお湯がたっぷりとたまっていました。

周辺はめっちゃすべるので気をつけるように。

裏には打たせ湯有り。

湯元館:施設

通路

長い廊下には歴史を感じさせるものでした。

お風呂へはこのような長い廊下をつたっていきます。

めっちゃレトロ感あり。冬とかに来るといい感じかも。

この提灯もかなりいい味を出しています。

この湯本館は、やはりライダーズルームを提供していることが人気の理由でしょう。

風呂を上がった後駐車場を見ると、さらにたくさんのバイクが止まっていました。

モンキー

このような新車のモンキーで北海道を回っている方もいるようです。

1,500円で旅館に泊まれ、さらにかけ流しの温泉となると、やはりこの湯本館は糠平温泉にくるライダーには宿泊先筆頭候補といっていいでしょう。事実糠平ユースホステルより宿泊料金やすいしね。

というわけで、お湯は抜群に良し!宿泊料金もライダーズルーム完備でバイク乗りは湯本館に決まりでしょう。

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする