ゴーグルを買うときにチェックする6項目! 【スキー・スノボ必須】

スキー、スノボのシーズン真っ只中。

3月になると春休みになり、最後のスキー・スノボに行く方も多いのでは?

ウチも行くぜ!北海道スキー!

しかし、家族からクレームがついていた。それはゴーグル!

古いゴーグルで・・・まわりに付いているスポンジが劣化して剥がれ・・・装着していると目に入るという。それはもはやゴーグルじゃないだろ。

ゴーグル

というわけで、新しいゴーグルを買ったよ。

サングラスよりゴーグル

ウチはサングラスよりゴーグル派です。

昔からバイクに乗っていることもあり、目を守るということにかなり気を使います。

悪天候による視界確保は、サングラスよりも絶対にゴーグルがいいです。

どちらか一つを持つのであれば、ゴーグルがいい!

レンズ色に気を使う

もしあなたがナイターなどを滑るのであれば、ぜひイエローレンズをオススメします。

悪天候や視界が狭い、また夜などはイエローレンズはとても見やすくなります。

両方持てるのであれば、昼用のサングラス、悪天候やナイター用にイエロー系レンズのゴーグルはオススメです。

安いゴーグルは曇り止め必須

昼メインで、よいサングラスを持っているのであれば、安いゴーグルをひとつ持っていると安心です。

特に小さい子どもやコンタクトレンズの場合、ゴーグルをひとつ持っていると本当に助かる場合があります。

これだけ値段が安いので、グループや家族にひとつ持っているととてもよいでしょう。

これを買おうかと思ったけど・・・やっぱりシングルレンズはやめた。

レンズは絶対にダブルレンズ

ゴーグルを買う時、シングルレンズはめちゃくちゃ安いです。

アマゾンなどでは、上記のようにモノによると500円以下で手に入ったりします。

しかし、ウチではゴーグルを購入する場合、絶対にダブルレンズ指定買いです。

とにかく、曇りません。ダブルレンズは。

で、ダブルレンズで、かなり安いこいつを購入。

安いよなー。ダブルレンズで2,000円以下だ。

ベルトは必ずバックル式がいい!

ゴーグル

ゴーグルを買う上で、見落としがちなポイントです。

ベルトは必ず後方で外すことができるバックル式にしましょう。

特に女性であれば、髪がからむことを防ぐことができます。

眼鏡用ゴーグルはどこが違う?

もし、あなたが眼鏡使用でゴーグルを購入するときは、気を付けましょう。

眼鏡使用のためのゴーグルはあります。どこが違うかご存知ですか?

ちなみにウチが買ったゴーグルはこちら

このゴーグルは眼鏡併用を前提に作られています。

オレの買ったゴーグルは眼鏡NGでした。では、眼鏡併用と眼鏡NGゴーグルというのはどこが違うか??チェックをしてみましょう。

フレームが大きい場合がある

今回購入した2種類のフレーム大きさは、あまり変わりありませんでした。

眼鏡併用とある場合、普通サイズより眼鏡分フレームが大きい場合があるようです。

チェックが出来る場合は、いつもかけている眼鏡を持って行き確認するとよいでしょう。

フレームの深さが違う

フレームの深さ

フレームの深さが違います。

下の赤いフレームが眼鏡併用のゴーグルです。

赤いフレームの方が1.5倍位深いことがわかります。

またフレームが深い分、スポンジも少々薄くなっていますね。

スポンジにメガネフレーム用の割がある

フレーム

そして、眼鏡併用できるゴーグルには、ここが決定的に違います。

メガネフレーム用にスポンジに割が入っています。フレーム自体にもくぼみがあり眼鏡との干渉を防いでいるわけです。

ゴーグル購入時のまとめ

ゴーグル購入時には・・・

  • 安くてもゴーグルを持っていると安心
  • できればダブルレンズがいい!
  • イエローレンズは悪天候やナイターにいい
  • ベルトはバックル付きが使いやすい
  • 眼鏡併用モデルはフレームが違う

ぜひ、あなたのゴーグル選びにお役立てください!

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする