1万円台の格安アンドロイド・スマホの選び方とおすすめ3選

スマートフォンは二極化が進んでいます。

iPhoneのように10万円をゆうに超えるモデルもあれば、今回紹介する1万円以下のモデルもあるのです。

この価格帯のモデルについて、どんなものなのかを紹介しまとめました。

1万円のスマホは使えるのか?

結論を言うと使えます。

かつては詐欺に近い商品も多かったのですが、部品の低価格化や中国での製造の本格化によって、基本性能を押さえつつ非常に安価にスマホが作れるようになりました。

そのため買っても動きに鈍かったり、使い物にならないというものがとても少ないのです。

そういった意味でこの価格帯でも十分に利用できます。

ただ、ゲームなど高負荷のアプリはうまく動かないことも多いので注意しましょう。

SIMフリーとは

SIMフリーは、一言で言えばどんな通信会社でも使えるスマホを意味します。

かつてはSIMロックと言ってドコモ用ならドコモでしか、そのスマホを使うことができないモデルが多くありました。

しかし、このSIMフリーは、ドコモでもauでもソフトバンクでも、あるいは聞いたことがない海外の通信会社でも使えてしまうのです。

SIMフリーのメリット

メリットは今お話ししたどんな通信会社でもSIMを入れ替えれば使えるということです。

これは大きなメリットであり、スマホの機種変更をしなくとも通信会社を簡単に変えることができます。

そのため大手の通信会社以外にも格安の通信会社も利用でき、安い金額にするというメリットも生まれるのです。

SIMフリーのデメリット

SIMフリー端末と格安SIMの相性が合わないケースがあることや通信会社の割引の対象にならないといったものがあります。

格安SIMを入れても動かない場合もありますから事前に調べるという手間が出てきてしまうことや端末をいきなり一括で購入する必要があるため(ただしカードで分割払いも可能)、一度に大きな出費になるのもデメリットです。

最低どのくらいのスペックが必要?

最低でも最新のAndroidが動くスペックが必要です。

なぜなら動かないと他のアプリも利用できなくなる可能性があり、スマホ自体が使えないというのがその理由になります。

Androidの最新のバージョンが入っているスマホであれば再呈スペックは満たしていると考えるのがいいのではないでしょうか。

格安おすすめスマートフォン3選

格安のスマートフォンもかなり良いスペックのものが揃っている。普通使いはもちろんメインスマホとしてもそん色のない3台をピックアップしてみた。

Blackview A80Pro スマートフォン本体 4G

Blackview A80Pro スマートフォン本体 4G

出典:アマゾン

  • サイズ:162*77*8.8mm;6.49インチ 1560*720ピクセル
  • CPU: MediaTek Helio P25(MT6757V)
  • OS: Android 9 Pie
  • メインカメラ:1300万画素 インカメラ:800万画素
  • RAM 4GB、ROM 64GB
  • 【グローバルLTEバンド対応4G SIMフリースマートフォン】4G FDD-LTE Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28A/28B/66TDD-LTEBands38/40/41 EVDO BC0/BC1; 3G Bands 1/2/4/5/8; 2G GSM Bands 2/3/5/8 日本国内主要3キャリアのバンドに対応
  • 4680mAhの超大容量バッテリー搭載
  • nano simカード

BlackviewのA80Proは、バッテリーの持ちのよさと画面の大きさがポイントの格安スマホです。

このブランドは、2013年に中国で起業したスマホメーカーであり、格安で性能が高いことから、欧州や東南アジアでも販売されています。

A80Proは6.49インチの画面を採用し、90.3%画面占有率の狭額縁大画面設計のためスマホのサイズ以上に広い画面の確保を可能にしました。

バッテリーも4680mAhと非常に大きな容量を誇っているためバッテリーの容量不足に困ることも少ないというメリットがあります。

性能も基本が押さえられているためAndroidも問題なく、むしろスムーズに動いてくれるという点も魅力と言えるのではないでしょうか。

UMIDIGI A3S SIMフリースマートフォン Android 10

UMIDIGI A3S SIMフリースマートフォン Android 10

出典:アマゾン

  • 【最新のアンドロイド10.0システム】 UMIDIGI A3SのOSはカスタマイズされていない素のAndroidシステムを搭載
  • UMIDIGI A3SのSoC(CPU)はMediaTek Helio A22 MTK6761
  • メモリ2GB+保存容量16GBの仕様
  • 2枚のSIM+1枚のmicroSDはサポートされ256GBまで
  • 5.5インチノッチ付きディスプレイ、2.5D曲線ガラスバックカバー
  • 16MP+5MPデュアルカメラ&13MPインカメラ
  • 4G: FDD: B1 /2 /3 /4 /5 /6 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /26 /28 TDD: B38 /40 /41

UMIDIGI(ユミディジ)のA3Sは、とにかく安くてデュアルSIMに対応しているスマホです。

このメーカーは、2012年に深?で誕生したブランドで、多くの格安スマホが欧米や日本のパーツを使う中、積極的に台湾の部品を採用してコストカットを行っているという特徴があります。

おもにAmazonで販売を行っており、東欧やアフリカでは代理店によって販売しているのが特徴です。

そんなUMIDIGIのA3Sは、1万円を切る価格で入手できるというメリットがあります。

それでいてAndroid 10を動かすだけのスペックがあるため、最低限の利用に関して全く問題ないというのが特徴です。

また、最近利用が増えているデュアルSIMにも対応しています。

これは一つの端末で二つの回線を利用することができるという機能で、例えば仕事用とプライベート用を一つのスマートフォンで利用できるというのがメリットです。

基本性能も押さえられているのでメッセンジャーアプリ(LINEなど)や簡単なネット検索程度の利用のみであれば問題なく利用できます。

OUKITEL C15 PRO SIMフリースマートフォン 6.1インチ Android 9.0

OUKITEL C15 PRO SIMフリースマートフォン 6.1インチ Android 9.0

出典:アマゾン

  • MediaTek MT6761プロセッサは内部で2.0GHzを実現
  • 3GBのRAM、32GBのROM(256GBまでサポートする)
  • OUKITEL C15 PRO採用した6.088インチHD +水滴型ディスプレイを搭載
  • カスタマイズされていない素のAndroidを搭載
  • デュアルSIMデュアルスタンバイ、サポート4G FDD-LTE B1/B3/B7/B8/B20

OUKITELのC15 PRO+は、画面対ボデイ比率の高さや顔認証がポイントの格安スマホです。

OUKITEL自身2007年に設立された中国のスマートフォンメーカーとしては比較的古い企業で、深?を拠点としています。

こちらも海外進出に積極的であり、欧米やアジアで格安スマホを販売しているブランドです。

このモデルは、画面対ボデイ比率は92.7%とスマホの前面のほとんどをディスプレイにしているというのが特徴になります。

また、この特徴に加えて同価格帯には珍しく顔認証システムが搭載されており、そういった面でも優れた性能を発揮しているモデルです。

格安スマホでも顔認証が欲しいという方にはおすすめできるモデルと言えるのではないでしょうか。

まとめ

格安スマホと言うと安かろう悪かろうというイメージがあります。

しかし、最近は安いパーツであっても高い性能を出せるようになり、より高い性能で利用できるというのが魅力となりました。

例え値段が安くても買っていきなり動作が重かったり、鈍いということはありませんから、検討するに十分値するモデルもたくさんあるので、興味がある方はこれらのモデルも買い替えで検討してみてはいかがでしょうか。