北海道遠征第一弾:無事に帰宅をした【フォルツァ・BMW Z3 無事故無違反】

北海道遠征最終日。

終わり良ければ総て良し・・・ということで、最終日にミスをしないようにする。マジで大切だ。

最終日にありがちな、転んで骨折とか、大事なもの忘れ物とか、飛行機乗り遅れとか・・・・絶対にやらかしてはいけない。

今回の遠征も、初日からいろいろ事件があった。ホテルで隣が深夜2時ころ騒ぎ出すとか、予約したビートルが変更になるとか・・・まー、でも想定範囲内なので、いいのだが。

というわけで朝食行こう。

ホテルベルヒルズ朝食バイキング

朝食もバイキングだ。

しかし、このホテル・・・バイキングということもあり入口チェックが何もない。

チケット見せるとか、部屋キー見せるとか、なんも無し。宿泊者全員2食付きなのかな?

いたって普通のバイキング。ただ、種類は多い。和洋中華なんでもありだ。

残念だったのは「いくら」と「鮭」がなかったことか。

しかし、いいのだ。アレがあるとご飯4杯行っちゃうからな。めっちゃ食べ過ぎの北海道だった。

なので、今朝はおかゆ1膳のみ。

PCのACアダプター紛失

ない・・・どこを探してもない・・・もともと荷物が少ないのだから、さがすところも少ない。なので、絶対にないようだ。

マジでどこに忘れたのか、落としたのかまったくわからない。

昨日の午前中まではあったのだから。そう、昨日のホテルフロント前でPC作業をしていて、そこでは使っていた。

BMW受け渡しのとき、最後にテーブル周りやコンセント回りも全部チェックした。なので、忘れることはないのだが・・・現実的にない。

オレの使っているHP(ヒューレット・パッカード)のACアダプターは現行機種で2種類ある。ウチの家族全員HPのPCだが次女の持参したACアダプターはオレのヤツと互換性がない・・・マジか。

というわけで、次女のPCを使い、ACアダプターをアマゾンで購入しておいた。今日中に到着をするので帰宅した時点で問題がない。

こういうマイナートラブルがあると、機材の対策を考えるようになるよね。はー。

BMW Z3に荷物積み込み

しかし、BMW Z3のトランクは広いと思う。

この状態で左サイドには小さいバッグ入るスペースあるし、スーツケース上部にはコンビニ袋ならまだまだはいる。

布系バッグやトートバッグを利用すれば、かなりの荷物が運べるだろう。

2人であればキャンプもできるような気がする。長尺系のゴルフキャディバッグはサイズなどを選ぶ必要がありそうだが。

千歳空港へGO!

千歳空港まで約130kmほど。当初は高速使う予定だったが、ACアダプター代捻出のため一般道で。・・・というより高速はつまらないんだよね。

一般道がめっちゃ空いていて、適当に流れるのでこっちのほうがいい。

トラックとかバスとかダンプとかの流れがめっちゃいいので、これらについていくと本当に楽。ただ、飛び石来るので車間は取る。

いや、BMW Z3・・かなりいい。

15年落ちとは思えないほど、かっこよくないか?オレはZ4よりコッチの顔のほうがすきだな。かわいい。

なんといってもソフトトップたたんでオープンにしてもトランク容量が変わらないのはとてもいい。

これがヤフオクで見ると30-50万くらいでごろごろある。

新型ロードスターなんて買ったら300万円だ。

その半分くらいの予算、1回車検とれば3、4年は楽しめる。絶対にこれはいいと思うな・・・

今は絶対に作られないであろう、中排気量のストレート6はいいぜ。

なんて考えながら千歳空港へ行く。

千歳空港到着

千歳空港の手前にガソリンスタンドがある。

ちなみに千歳空港は時間帯によって、かなり渋滞をする。

もちろん、レンタカー返却によるガソリンスタンドも混むようだ。

なので、午前中フライトの場合は、時間に余裕を持ってくることは大切。千歳市内のほうでガソリンを入れることも大事だ。

オレのフライトは14時なので、ガラガラだったぞ。時計を見ると11時過ぎだ。

トータル346km走った。

で、33.9Lガスが入った。リッター10㎞以上走ったぞ。

北海道は燃費いいな。本州だと2割落ちかな。

BMW Z3を空港で返却

空港へ突入。一般車レーンではいる。

乗降場がある。お昼ころなので、空いている。

たぶん朝一はすごい混むのだろう。レンタカースタッフさんも時間帯によってはかなり渋滞すると言っていた。

スタッフのおねーさんに受け渡し。無事完了。バイバイBMW!

おみやげ購入

まずは嫁さんにサッポロクラシック。それとルタオチーズケーキ。


両方ともアマゾンで買えるのがなんとも・・・・

スーツケースの重量チェック

ビールをスーツケースに入れて重量チェック。

今どきのLCCは重量チェックに厳しいので、チェックイン前に必ず確認したほうがいいよ。

オレはデジタルスケールをいつも持参している。

千歳空港でランチ

千歳空港でランチはフードコートがいい。広々しているし、最高だ。

ランチに、アイスボックスに残っている食材や酒をたいらげる。

バニラエアチェックイン

チェックインカウンター

千歳空港のチェックインカウンター、バニラやピーチは1階だ。

JW908便成田行搭乗手続き中。

バニラエアカウンター。

きっちり重量チェックしたスーツケースを乗せると・・・

デジタルスケールとほぼ同重量の19.6kgだ。ちなみに手荷物は10㎏のはず。

JW908便搭乗

国際空港とは言えば、そこはやはり地方空港だ。

セキュリティーとか、羽田などに比べると少ない。なので、チェックインが完了したらすぐに搭乗口に行ったほうがいい。

オレの乗るJW908便。

成田到着・バスで帰宅

約1時間半、ぐっすり寝た。行きも帰りも3人掛けで隣がいなかった。うれしい。

成田ターミナル3のいつものローソンで、帰りのバスの酒とアテを買う。(まだ飲むのか??

というわけで、いつもの空港バスで帰宅。

家についたらACアダプターも届いていた。よかった。

今回の第1回北海道遠征も無事終了。マイナートラブルも散見されたが、フォルツァもBMW Z3も無事故無違反であった。

また今月中旬には北海道1200kmエントリーで第2弾北海道遠征、月末には第3弾も控えている。

さて、仕事しよ。

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする