【Wi-Fi中継器】の選び方とおすすめ5選

Wi-Fiルーター(親機)から離れた場所の電波状況を快適にしてくれる「Wi-Fi中継器」。

設置方法はコンセントに直接差し込むタイプと据え置き型の2種類が主流で、有線接続に対応したものや、ゲーム機に適したものなどさまざまです。

その中で、今回はWi-Fi中継器 おすすめ5選をご紹介します。

設置環境や使い方にぴったりなWi-Fi中継器を選ぶ際の参考にしてください。

Wi-Fi(ワイファイ)中継器とは

最近の家庭では、インターネットを有線接続ではなく、Wi-Fiルーターを設置して、家族のスマホやタブレット、PCなど各自が使用する端末を無線接続で行うことが一般的になってきています。

通常Wi-Fiルーターから発信される電波の距離は、直線距離で50m?100m程度届くとされています。

しかし、これは障害物がない場合を想定した距離で、様々な障害物の存在によりWiFiの距離は短くなってしまいます。

そこで、Wi-Fiルーターから距離や障害物によって無線通信の電波が届きにくくなる範囲をカバーするためにWi-Fi中継器を使用します。

Wi-Fi中継器のメリット

このWi-Fi中継器は、これまでは電波が届かなかった場所とWi-Fiルーターの間に設置することで、無線通信の電波を中継する役割を果たしてくれます。

そのため、2階建てや3階建ての縦に高い戸建てや部屋数の多いマンションにも効果的です。

Wi-Fiの電波は障害物が多いほど電波が弱くなります。

そのため、ルーターの性能がよくても部屋によって速度が遅くなったり電波が途切れる場合にもWi-Fi中継器を設置することで、速度が安定し通信速度を早くしたいという方におすすめです。

Wi-Fi中継器の選び方

Wi-Fiルーター(親機)の周波数と対応した機器を購入する必要があります。

Wi-Fiの周波数には、2.4GHzと5GHzという2つの種類があり以下の特徴があります。

  • 2.4GHz帯・・・通信範囲が広く障害物の影響が少ないものの電波干渉されやすい
  • 5GHz帯・・・障害物に弱く通信範囲は狭いものの電波干渉が少ない

最近のWi-Fi中継機は2つの周波数に対応しているものがほとんどですが、古い商品や安価なものは片方だけの周波数しか使えない場合もあるので注意が必要です。

親機メーカーと同じほうがいいの?

Wi-Fiは同じ通信規格に対応する機器なら、メーカー関係なく繋がります。

ただ、Wi-Fiルーター(親機)と同じメーカーの方がWi-Fi設定が楽だったりするケースはありますが、基本的に、同じ規格に対応するならつながらないというような致命的なトラブルが発生することはほとんどありません。

通信規格に関しては以下に記載していますので参考にしてください。

  • 2.4GHz:11g・b
  • 5GHz:11a・ac
  • 5GHz/2.4GHz:11n・11ax

設置場所は?

中継機を設置する場所は、Wi-Fiルーター(親機)に近すぎても遠すぎても、効果がでません。

Wi-Fiルーター(親機)から電波が届く範囲内で一定の距離を保つことをお勧めします。

また、Wi-Fi中継機の設置に向いていない場所は・・・

  • 水槽や花びん、土壁など湿気を含む物の近く
  • 電子レンジなどの家電の近く
  • 金属製の棚や棚の中などの見えない場所

・・・などは避けて設置することをお勧めいたします。

有線LANポートは必要?

テレビ等の固定して使用する機器で、近くに有線LANのポートがないような場所での使用の際は、中継機の有線LANポートを使用することで、インターネット回線が接続できるため、使用環境に応じて検討する必要があります。

アンテナは必要?

機器にによってアンテナがついているタイプがあります。

アンテナは、電波を強調したい方向を定めて電波を中継することができるためとても便利です。

一方で、コンセントの位置や使用場所によって部屋の雰囲気を損なう場合もあるため、設置する場所によってアンテナの有無を検討することをお勧めします。

Wi-Fi中継器のおすすめ5選

オレもWi-Fi中継器はかなりの台数を使ってきた。ウチは3階建て。Wi-Fi親機は2階リビングにある。

この状態で1階のじーちゃん、ばーちゃん世帯。さらには3階の子供たちの部屋にも届かせる必要がある。というわけでWi-Fi中継器をチェックしてみよう。

BUFFALO ハイパワー コンパクトモデル WEX-1166DHPS/N

BUFFALO ハイパワー コンパクトモデル WEX-1166DHPS/N

出典:アマゾン

  • おすすめポイント1【Wi-Fiルーターとの引き継ぎ設定は"ワンタッチ】WPSボタンをプッシュして設定完了
  • おすすめポイント2【中継機用SSID】電波が強い中継器へ「中継機用SSID」で手動で接続を切り替える
  • おすすめポイント3【部屋の隅々まで高速安定通信】11ac対応・2つの通信帯域のデュアルバンド
  • おすすめポイント4【コンセント直挿しでも上のポートを塞がない】プラグの位置に配慮した設計
  • おすすめポイント5【中継をさらに速く!Wi-Fiエリア拡大】HighPower&ビームフォーミング
  • おすすめポイント6【有線機器を高速無線化】Giga対応有線ポートを搭載

TP-Link WiFi 無線LAN 中継器 AC1200規格 RE3000

TP-Link WiFi 無線LAN 中継器 11ac/n/a/g/b AC1200 867+300mbps デュアルバンド OneMesh対応 3年保証 AC1200規格 メッシュWI-Fi中継器 ホワイト RE3000

出典:アマゾン

  • [特徴] AC1200規格、WiFiをおうちの隅々まで拡張。TP-Link One Mesh 対応。メッシュWi-Fi中継器
  • [メッシュWiFi機能] 同じくTP-Link OneMesh対応のルーターと使って、シームレスなメッシュWi-Fi環境を構築
  • [デュアルバンド] 867+300Mbpsの安定したWiFi
  • [サクサク設定] スマホアプリからサクサクと誰でも設定が行えます。

BUFFALO コンセント直挿し/据え置きWEX-1166DHP2/N

BUFFALO コンセント直挿し/据え置きWEX-1166DHP2/N

出典:アマゾン

  • 可動式アンテナで、狙ったところに高速でしっかり届く
  • 11ac対応・2つの通信帯域のデュアルバンドで複数の機器も高速・安定通信
  • すっきりとまとまるコンセント直挿し設置
  • Giga対応LANポートからテレビなどの有線機器を高速無線化
  • WPSボタンをプッシュして設定完了
  • HighPower&ビームフォーミングで中継エリアを拡げる

I-O DATA Wi-Fi中継器コンセントタイプWN-G300EXP

I-O DATA Wi-Fi中継器コンセントタイプWN-G300EXP

出典:アマゾン

  • Wi-Fiルーターと本商品の「WPS」ボタンを押すだけで接続設定が完了
  • 親機との電波強度をランプの色で視覚的に確認
  • ランプの色を見ながら、最適な設置場所を効率的に見つけられます
  • 縦幅42mm、横幅42mm、奥行き33mmコンパクト設計
  • 親機がWPSプッシュボタン方式に対応の場合は親機のSSIDと暗号キーをそのまま中継

HUAWEI WiFi WS5200無線LAN ルーター AC1200

HUAWEI WiFi WS5200無線LAN ルーター AC1200

出典:アマゾン

  • 【800MHz デュアルコアCPU】Wi-Fiパフォーマンスは前世代と比較して大幅に向上
  • 128M大容量RAM(CPU内蔵)により、同時に64台まで安定した機器のオンライン接続
  • 近いWi-Fi周波数を自動選択して速度を維持
  • 4つの可動式ハイパフォーマンスアンテナ
  • ビームフォーミング機能で高速なWi-Fi

まとめ

Wi-Fiルーター(親機)に近いところにいれば問題は起きないが、家の中でスマホやタブレットはベッドルームはもちろん、トイレやお風呂場もカバーしてほしいと思う。

特に子のような小さい個室になったところは、家の隅に配置されていることもあり、マジで電波が届きにくいのだ。

電波の強度はWi-Fiルーター(親機)やプロバイダーとの契約内容によることも大きいので、今回おすすめしたWi-Fi中継器だけでなく現在の環境も見直しながらご検討することもおススメ。