【格安方法Win10中古PC/SSD換装】Win7は2020年1月にサポート終了

Windows7が2020年1月14日に延長サポートが終了する。残された猶予もかなり少なくなっている。延長サポートがなくなるということは今後、セキュリティ更新プログラムはなくなる。

これはセキュリティソフトいれているかた大丈夫・・・ということはない。OSサポートが無くなるということはセキュリティソフトの更新もなくなるであろう。

OSの延長サポートがなくなり、それを使い続けると個人情報漏洩の危険性はもちろん、今は家庭内LANになる他のPCなども危険にさらされる。

さらにOSサポートがなくなれば使っているソフトウェア、周辺機器のファームウェアなどもアップデートも行われないため、使えない機器が出てくるコトは十分考えられる。

というわけで、Windwos7を格安でWindows10にアップデートする方法2つをチェックしてみたい。

SSDとWin10を購入して換装する

SSD

ノートPCでもデスクトップPCでもWin10に換装する場合は、ぜひともSSD導入をするべき。この期に及んで回転系HDDを使い続けるのはやめたほうがいい。

とにかくHDDはOSの起動はもちろん、ソフトウェアの立ち上がりも遅い。電源を入れてからPCを使い始めることができるまで、あまりにも時間のかかりすぎ。

これがSSDになれば、その時間短縮は半端ない。数年前みたいにSSDの価格が5桁に乗っているなら、その導入も考えてしまう。しかし、今現在256GBのSSDでも5,000円前後で手にできる。

Windows10はヤフーショッピングのやつで決まりだろう。2,000円以下で購入できる。

SSDが120GBクラスであればOSと合わせて、2つ合わせても5,000円で収まる。安くね?

Win10のクリーンインストールについてはこちらを参照。

120GBクラスのSSD3台のスピードテストをしてみたので、それはこちらを参照。

中古Win10のデスクトップPCを購入してみた

中古Win10のデスクトップPC

  • 2コアのCore 2 Duo搭載!!安定性抜群!!2画面同時出力可能
  • 最新バージョンのMicrosoft Office 2016(Word,Excle,Powerpoint,OneNote)ダウンロード版「1User」付、いつでも再インストール可能
  • CPU:新世代デュアルコア 2.93GHz   無線機能搭載 新品キーボードマウス搭載
  • SSDは新品採用されていますので、耐久性安心
  • 大容量メモリー:8GB
  • 超大容量新品SSD:120GB
  • 電源ケーブル付属
  • 史上最速windows 10 Professional 64bit搭載!!簡単に復元可能

このデスクトップPCを13,800円で購入したのだが、通常の使用であればまったく問題なし。

SSDが120GBで少々心もとないが、外部HDDをつければ問題なし。メモリも8GBで問題なし。これが1万円台で買えるのだから、Win7は早いところお蔵入りしたほうがよいとおもうぞ。

デスクトップwin10

たぶん年明けはWin7買い替え需要で、いきなり値段が上がることが予想される。

なので、余裕のある今のうちに、Win7は撤去しておくとよいだろう。ぎりぎりになってWin10とか言っていると、絶対ヤバいぜ。

まとめ

Windows7はとても使いやすかった。今でも、このWIN7が正常進化してくれればいいとホント思っている。

もっといえばWin2kかWinXPがそのままアップデートしてくれれば一番いい。はっきりいえばWin10とか使いにくくて困っているくらいだ。

そんなオレはいまのところWin8.1。こいつもあと2年位だろうか。

なんでWinって新しくなるたびに使いにくくなるのかね・・・

こちらも見てみませんか?