「SSD」人気・おすすめ3台をCrystalDiskMarkでスピードチェック!

人気のSSDを複数台購入をして、手持ちのノートPCをWin10に換装をした。

昨今のSSD価格は非常にこなれてきて、120GBとか128GBのSSDであれば2000円台という価格で購入ができる。

Win10であれば、このくらいの容量があれば全く問題なく運用ができ、データーなどは外付けのストレージやクラウドを使えばよいだろう。

さらに2020年1月中にはWin7の延長サポートも終了となっているので、時間の余裕のあるうちにWin10への移行とボトルネックとなるHDDをSSDに交換するとよいだろう。

今回は、3台のデルPCにメーカー別のSSD3台を換装してみたので、それぞれのSSDスピードをチェックしてみた。

SSDのスピード計測ならCrystalDiskMark

SSDをPCのシステムディスクにすることで、パソコンのスピードは段違いに速くなる。そして一度でもSSDのスピードを体験してしまうと、2度とHDDには戻れない。

ところで、SSDのスピードというのはどのくらいのものなのだろう。そんなストレージの速度を計測できるのがフリーソフトでおなじみのCrystalDiskMarkです。

CrystalDiskMarkの使い方

CrystalDiskMarkは窓の杜からもダウンロードできます。

CrystalDiskMark

CrystalDiskMark 6はいくつか設定項目があります。「ALL」ボタンの横に設定項目がありますが、わざわざ変更する必要はありません。

初期設定のままで問題ありません。もし選択することがあるとすれば、一番右にあるドライブの選択でしょう。

テストの回数は各項目で5回ずつ。5回計測を行い1番良い数値が表示されます。

1 GiB = 1,073,741,824 Bとなります。

計測ALLボタンをクリックする

計測

計測は「ALL」ボタンを押すだけです。

ちなみにオレがいつも使っているHPのPCをチェックしたところ、このような数値になった。

スコアのチェック

まずは縦軸を確認してみます。

  • Read:読み込み速度
  • Write:書き込み速度

単位からわかるように1秒間に何MBを読み込めるか・書き込めるかを表しています。

次に横軸をチェックしてみましょう。

  • Seq Q32T1:シーケンシャルアクセス、マルチキュー&マルチスレッド(デフォルトだと32 Queues、1 Thread)、ブロックサイズ512KB
  • 4KiB Q8T8:シーケンシャルアクセス、マルチキュー&マルチスレッド(デフォルトだと8 Queues、8 Thread)、ブロックサイズ4KiB
  • 4KiB Q32T1:ランダムアクセス、マルチキュー&マルチスレッド(デフォルトだと32 Queues、1 Thread)、ブロックサイズ4KiB
  • 4KiB:ランダムアクセス、シングルキュー&シングルスレッド、ブロックサイズ4KiB

というわけで、3本購入をしたSSDのスピードをチェックした。

ちなみにパソコンはDELLインスパイロン1545(インテル Core 2 Duo、メモリ4GB)というスペック。

シリコンパワー SSD 128GB 3D

シリコンパワー SSD 128GB 3D

  • シーケンシャル読み取り : 550MB/s
  • シーケンシャル書き込み : 420MB/s
  • 7mm厚のスリムデザインで、ウルトラブックや7mm厚対応薄型ノートPCなどに最適
  • SATAIII (6Gbps)インターフェース(SATAII/3Gbps互換

以上のようなテスト結果になった。

Crucial SSD 120GB 7mm / 2.5インチ BX500シリーズ

Crucial SSD 120GB 7mm / 2.5インチ BX500シリーズ

  • BX500シリーズはノート/デスクトップPCを安価に高速化するのにオススメ
  • [容量/速度] 120GB SeqRead540MB/s SeqWrite500MB/s
  • [4KBランダム(QD32)] Read 非公開 / Write 非公開
  • [チップ] Micron 3D NAND
  • [インターフェイス] SATA3.0

以上のようなテスト結果になった。

TC-SUNBOW 内蔵 SSD 120GB 2.5インチ

TC-SUNBOW 内蔵 SSD 120GB 2.5インチ

  • SATA3(6.0Gbps)インターフェイス
  • SATA2(3.0Gbps)インターフェイスと互換性があります
  • シーケンシャル・データ読み取り/書き込みパフォーマンス:560/385/MB/s

以上のようなテスト結果になった。

意外と一番安くて、一番怪しめな「TC-SUNBOW」が良い結果となっている。

ただ、Win10を使って、通常業務やウェブ作成、ブログ執筆であれば、どのSSDでも非常に快適に作業ができる。

まとめ

SSDの価格やこれだけ下がり、これだけの性能を提供してくれるのだから、もはや使わない手はないと考える。

逆にまだ回転系のHDDを使っているやつは、何を理由に使っているのだろう。これは時間のムダでしかない。Win10でもあっという間に立ち上がるSSDはちょっとした感動を覚えることうけあいだ。

いつクラッシュするかわからないHDDをビクビクしながら使っているヤツはすぐさまSSDに換装しよう。これでウチの回転系HDDは完全撤去できたぞ。

おすすめの記事