パスワード管理ソフトは導入しておくとよいと思う【転ばぬ先の杖】

パスワードをなぜ簡単なものにしてしまうかというと、管理ができないからです。心当たりあるでしょ。

「abc」とか「password」とか「qwert」とか・・・これはあかん。

こんなのがクセついていると、毎回、簡単ないつものパスワードでいいや・・・ということになってしまいます。

それも、いつも同じパスワード、いつも同じユーザー名となります。

ブログのログインから、銀行のログインパスワードまで全部同じ・・・珍しくないような気もします。ヤバすぎる。

これは本当に危ないです。

もしパスワードを突破されると、その代償はちょっと大きいものになってしまいます。

そんなことにならないようにするため、パスワード管理ソフトをご紹介いたします。

無料系パスワード管理ソフト

  • ID Manager:Vectorの特別賞を受賞したこの管理ソフトは、USBメモリなどにID Manager本体ごと格納することで持ち歩くこともできます。
  • KeePass Password Safe:ID、パスワードを用途ごとにフォルダ分けして管理することができるパスワード管理ツール。英語のソフトですが、サイトより日本語ファイルをDLすることで日本語化することができます。

有料系パスワード管理ソフト

  • パスワードマネージャー:ウィルスバスターでおなじみのトレンドマイクロ社が提供するID・パスワード管理ソフト。ID・パスワードは マスターパスワードで一括管理できます。無料版は5件まで。それ以上は月額150円となります。
  • ロボフォーム:ログインにID、パスワードなどが必要なサイトであっても、ワンクリックで自動入力ができるID・パスワード管理ソフト。シェアウェアですが、1ヶ月の使用期間が過ぎても制限上で使用はできます。

私はロボフォームを使っています。

chrome、Firefoxをはじめブラウザとの相性もよく、アドオン、プラグインとして動作をしてくれます。

ブラウザがバージョンアップすると、必ずロボフォームもバージョンアップされ非常に安心して使うことができます。

またPC乗り換えなどの場合も、バックアップ→復元が簡単にできます。

パスワード管理ソフトは一度使ったら、セキュリティの安心、そしてユーザー名やパスワードをいちいち気にする必要がないので、手放せません。

これが数千円で購入できるのだから、セキュリティソフトと合わせて検討するといいぞ。

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする