Dylan Bluetoothイヤホン ワイヤレスヘッドセットを買ってみたぞ【ブルートゥース ワイヤレス】

ワイヤレスイヤホンは本当に便利だ。イヤホンのケーブルがないというのは非常にストレスがない。モノに引っかかることもない。

特にスポーツで利用する場合が多いと、このワイヤレスというのは一番重視をしたい。

で、今回買ってみたのが、このワイヤレスイヤホン

Dylan Bluetoothイヤホン ワイヤレスヘッドセット:開封

  • 折りたたみ式デザインにより、高い柔軟性・携帯性・耐久性
  • Bluetooth機器はお使いのスマートフォンをハンズフリーの状態で通話
  • イヤホン部は本体に巻き取られ、使わないときは本体に収まります
  • スタンバイ時間:約300時間、音楽再生時間:約16時間、連続通話時間:約18時間
  • 充電時間3.5時間
  • 重さ67g

とてもステキなパッケージだ。高級感のある厚手の箱となっている。

プレゼントでもいいかもよ。

Dylan Bluetoothイヤホンは折りたためる

このイヤホンはワイヤレスだ。そしてもう一つの特徴が、このように折りたためることだ。

フレーム形状があるイヤホンが案外と場所を取る。意外と大きい。

Dylan Bluetooth ワイヤレスヘッドセット:外観・スイッチ類

なかなか存在感のある筐体だ。ボディにイヤホン部がきちんと収まっている。

少々大きめのボディのおかげでバッテリーも少々大きめ。そのため再生時間が16時間(カタログ値)がかなり長い。

ボディ右側:スイッチ類

ほとんどの操作部は右側に集中をしている。イヤホン側から・・・

  • イヤホン巻取りボタン
  • 通話ボタン
  • ボリューム・曲のスキップ+-ボタン
  • メインスイッチ
  • USB充電口(裏側)

ボディ左側:スイッチ類

イヤホン巻取りボタンのみ。

イヤホンコード長さと巻取りボタン

ケーブルはフリーになっていて、どの位置でも止まる。長さは約20㎝。

巻き取りボタンを押すことで瞬時にイヤホンはボディに収まる。

Dylan Bluetooth ワイヤレスヘッドセット:重量

Dylan Bluetooth ワイヤレスヘッドセットの重量は実測68gだ。

なんとカタログ値とドンピシャいっしょ。

Dylan Bluetooth ワイヤレスヘッドセット:充電

右側ボディ下にUSB充電口において充電をします。

充電時間は約3.5時間。

Dylan Bluetooth ワイヤレスヘッドセットのスマホペアリング

端末はXpreia Z Ultra。Bluetoothをオンにする。

Dylan ヘッドセットをオンにするとすぐに使用可能な危機に表示される。

タップをして、すぐにペアリング完了。

音楽をはじめ、すべての音響関連の利用ができる。

ちなみに無線の届く範囲は10m程度とおもわれる。

隣の部屋においてもなんとか届く。テーブルにおいてキッチンは全く問題なし。

首にかけやすいタイプで、1日中かけていても全く負担にならない。

折れ曲げれば小さくなり、これまで買ったイヤホンの中でもかなりいいヤツだ。

参考にしてみてください!

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする