アンドロイドスマートフォン:電源投入後の初期設定

アンドロイドスマートフォンを購入しました。箱を開封して電源を入れます。電源を入れて最初にやることは最初に行う初期設定です。最初の電源投入次に行う初期設定について確認をしていきましょう。

SIMフリースマホに限らず、アンドロイドスマホを初めて電源をいれる際に行うことは以下の項目になります。

  • 言語の選択
  • Wifiの設定
  • Googleアカウントへのログイン
  • スマホのバックアップ設定
  • 位置情報

アンドロイドはGoogleのOSとなっています。基本的にはGoogleアカウントを取得して運用することが前提になっています。これまでPCを利用している方はアカウントを既に持っているはずですので、そちらを使いましょう。

またアカウントを持っていない方は、初期設定時にアカウントを取得することができますので、ぜひGoogleアカウントを取得して設定を進めましょう。

アンドロイドスマホ初期設定の流れ

新しく購入をしたスマートフォンの電源を入れて初期設定をすすめましょう。画像は私のスマホであるソニーExperia Go(St27i)のキャプチャー画像となっています。

あなたのお使いのスマホとは流れが違う場合もあると思います。ただ全体的にはこのような流れになるはずです。

言語設定

最初に電源を入れると言語設定画面が表示されます。ロケールに日本語が入っている場合は日本語を選択しましょう。


ようこそ

私のXperiaは最初に言語設定があり、そのあとに「ようこそ」画面が表示されます。

次のステップでWifi設定となります。ご自宅などにWifiがある場合は、その設定をしましょう。

アプリケーションのダウンロードや色々なことをやる場合は自宅の安定したWifi環境で行うことが望ましいです。


Wifi設定

Wifi接続しましょう。「ネットワークの検索」をクリックすると周辺のWifiをキャッチします。


Wifi設定

自宅のWifiをつかみました。あなたの画面ではご自宅のSSDが表示されていると思いますので、そちらを選択しましょう。

その際、パスワードが必要になりますので、お手元に用意します。

次の画面でパスワード入力となりますので、ご自宅、もしくは必要なWifiパスワードを入力します。


WIFI接続

パスワード入力をするとこのように接続されたメッセージが表示されます。


アカウント

Wifi接続が完了をしたら、各種アカウントの取得、もしくはログインとなります。

まずはGoogleログインをしましょう。


Googleアカウント

PCなどでGmailを使用している方は、そちらのアカウントでログインをします。

もしアカウントを持っていない場合は「新しいアカウント」をタップして取得をしましょう。


ログイン

新しいアカウント、もしくは既存のアカウントでログインをすると利用規約画面が表示されます。

「OK」をタップして次に進みます。


アカウント

「Google+」はGoogleの提供するSNSサービスです。アカウントを持っている方はここで参加しても良いでしょう。

この設定は後でもできますので、確認をしない場合は「今は設定しない」をタップします。


アカウントログイン

バックアップの設定です。チェックを入れて次に進みましょう。


セットアップ完了

以上のような流れでセットアップは完了をします。終了をタップしましょう。


ホーム画面

以上でアンドロイドスマートフォンの電源投入直後、初期設定は完了をしました。

Wifiがつながっていれば、Googleをはじめ、各種アプリのインストールなどサービスを利用することができます。

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする