年間50万円ひねり出す方法その2【対象男性:節約・飲食編】

今年もだんだんと煮詰まってきている。

現状で無事に過ごせていること、残り約2か月半を過ごせそうなことに感謝をしよう。

そしてそんなことを考える余裕がある今だからこそ、対策を立てよう。

というわけで、もう10年前に独立したオレが今もやっている対策、「年間50万円ひねり出す方法」を今日も話すぜ。

今日のネタは飲食だ。張り切っていってみよう。

あー、ちなみに昨日も今日も内容はオレが男なので、対象は男性ね。

どこの家庭も見直し必須な飲食関連

3回目だが同じことを言うぞ。

1万稼ぐことと1万節約することは同じだ。

これは本当に大切なことなので、肝に銘じよう。

そのうえで、飲食関連をガサ入れするぞ

買い弁するな弁当を持参しろ

おにぎり

毎日、なけなしの小遣いから買い弁しているなら、そんなバカなことをやるな。

ワンコインランチとか500円満足弁当なんてやっていると、月に20日で1万円。1年で12万円だ。

そんなものを買うなら弁当持っていけ。弁当作るの面倒なら「おにぎらず」でも持っていけ。

昨日のおかずでもはさんでOK。2個ありゃ十分。粗食ダイエット出来て一石二鳥だよ。

牛丼チェーンでも、立ち食いソバでも、握り飯もっていけばコストは半分以下ということを理解しよう。

あと、子供に弁当代とか言って毎日500円渡すのもわからん(対象主婦)。これもすごいコストだ。

ちなみにオレは、子供たちの高校からの弁当を全部作っているぜ。今年で長女においては5年目突入か。

そんくらい1時間早起きすれば、簡単だ。ついでに夕飯の目途も付けておくんだよ。

外食するな

1ヵ月に行っている外食を半分にするだけで、かなり抑えられる。

特に家族で行くファミレス。

ウチは家族でファミレスなんてここ何年も行ったおぼえがない・・・たぶん、直近はアメリカ旅行中のはずだ。

特に日本国内で、ランチや夕飯にファミレス行くことは皆無だ。飲めないから、そもそもオレが行きたくない。

外食で1万円使うなら、良い肉や野菜を買って楽しむほうが、オレは絶対にそっちのほうがいい。

奥さんがたまの夕飯作るの面倒だなといったら、お前がやれ。そのくらい。

それで月に数万円節約できるなら、やる意味あるだろ?

外で酒飲むな

余裕が作れていないのに外で飲むなんて・・・もってのほかだ。

缶ビールは200円で買えるけど、居酒屋で飲んだらジョッキ480円でしょ?

一回居酒屋行ったら、大体3-4,000円行っちゃう。それ週一でやったら、数万円だ。

缶ビール1ケース5,000円以下で買える。缶酎ハイなら3,000円以下だ。紙パック純米酒2Lが1,000円程度。

夕飯で晩酌すればそうとう抑えられるのは火を見るよりも明らか。

というわけで、一切外で飲むな。飲むのは忘年会だけにしろ。

そこまで徹底しないとダメなのよ。この手のヤツは。

コンビニ行くな

飲食でも同様。コンビニには行くな。

オレコンビに行くのはブルべで走っているときだけ。

意識してコンビニは行かないようにしている。行っても余計なものを買うだけだから。

あと、コンビニついでに言うけど100円コーヒー、あれやめろよ。絶対。

缶コーヒーも同様。シアトル系カフェなんてご法度。コーヒー1杯で500円もするなんて意味が分からん。

勉強・仕事・生産性のある行動をする場合の場所確保は別。

ファストフード行くな

百害あって一利なし。なぜに行く?

オレ、マックを含め、ハンバーガーに入ったのは・・・たしか、2013年アメリカ・セドナで次女と食べたのが最後だ。

海外旅行のときは使う。なぜなら時間を買いたいから。パンダエクスプレスとかは良く行くな。

理由があってファストフード行くのはいいが、何の理由もなく行くのはできればやめよう。もったいない。


けっこうキビシイこと言っているけど、でもさ、それで貯蓄、投資、勉強が充実出来て、旅行とか行けたらよくないか?

オレは毎年海外遠征しているから、外食ほとんど削っても全然問題なし。むしろ進んで削る。

で、海外で外食をしている。

嫁さん連れて、海外のレストランに行くほうが楽しい。あっ、一人海外遠征のときはスーパーで買うけどね。

結局、あるもの上限はざっと決まっているのだから、それをどのように配分するのは、自身で考える必要がある。

オレは、買い物と外食をごっそり削って、その分貯蓄、投資、勉強、旅行に回しただけだ。別に特殊なことをやっているわけではない。

こちらもいかがですか




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク