年間50万円ひねり出す方法その1【対象男性:節約・買い物編】

昨日の中年フリーターの件は、マジでショックだが、もう待ったなし。

誰にでも降りかかってくる可能性がある。断言する。

今働いている会社が、自分の定年まで残っている可能性は、微妙といえるでしょ?

大企業だって平気で倒産する時代。いつリストラ、整理されるかわかったもんじゃない。

というわけで、もう10年前に独立したオレが今もやっている対策、「年間50万円ひねり出す方法」をちょっと話すぜ。

50万円

まず昨日話したように1万節約することは1万円稼ぐことと同じだ!ということをしっかりと頭に叩き込む。

では、行ってみよう。

まずは買い物関連だ!

余計な買い物はしない

前述の1万稼ぐことと1万節約することは同じワケ。

入ってくるものが同じなら、出ていくところを絞らなくてはいけない。

そこで、余計なものを買ってしまう部分をチェックしよう。

コンビニへ行くことをやめる

いの一番にやめる必要があるのが、このコンビニだ。

通勤や昼休み、帰りなどに、フラッと寄ってしまうコンビニ。

そこで、落とす1回数百円ずつ。絶対これやめないとダメだぜ。

毎日100円コーヒー買って、スポーツ新聞買って、ガム買って、お菓子1個買ったら400円くらい。

そいつを月に20日、1年続けると10万円だ。でかいぜ、これは。

ドラッグストアに行かない

駅前にあるドラッグストア。

ちょいと目薬買う予定が・・・余計なものを買ってしまう。

コンビニと同じくらい、行ってはいけないところだ。

100円ショップへ行かない

まぁ、街中には入ってはいけない店がたくさんある。その筆頭だ。

100円ショップなんて、絶対入るべきではない。

大体、家の中見回してみ?100円ショップで買ったごみが散乱していないか?

オレはここ数年100円ショップに行ったことないぞ。

雑誌(週刊誌・新聞)を買わない

そのくだらない雑誌を買うのはやめよう。駅で買う新聞も同様。

それなら、いわゆる本を買ったほうがなんぼもいい。

冷蔵庫チェックとまとめ買いをやめる

まずは冷蔵庫をチェックしろ。そのあと食糧倉庫をチェックしろ。

無駄な食糧が大量にたまっていないか?

無駄なものはすべて消費をしてしまおう。今月は食糧倉庫・冷蔵庫の棚卸してみよう。

そのうえで、買い物はまとめ買いするな。絶対無駄になるし、そのまとめ買いで無駄な食糧貯めこんだわけだろ?

買い物はこまめに行け。

ちなみにオレは1週に1回まとめ買い派だ(買い物はオレの役目)。なぜなら時間を確保したいから。

その浮いた時間で運動をするという明確な目的がある。

郊外の大型ショッピングモールは絶対近づくな

週末、家族で車で郊外の大型ショッピングモールは最悪ところの一つだ。

朝から晩まで家族で外食三昧、買い物三昧、ついでに食品やスイーツのまとめ買いをした日には節約なんてほど遠いぜ。

服や靴を買わない

昨日も言及したが、服や靴を買うのやめてみ。半年くらい。

もう簡単に10万くらい節約できるはずだ。

そして、洋服ダンス、クローゼットチェックしてみな。1年着ていない服がいくつある?

服の安売り行って、かごにたくさんの服を買うなんて、本当に無駄だ。

今ある服を組み合わせて、なんとでもなるだろ?

ちなみにオレは、ジーンズは1本、スーツは冠婚葬祭と合わせて3つ、靴は5足程度しかない。持っていたヤツ、ほとんどヤフオクで売っちまった。

今年買った服は・・・えーっと、シャツを数枚とジーンズ破れて沖縄で買い替えた1本だけだ。靴なんて数年買っていない。

一番直近は、サンダルが穴空いたので夏にサンダル(1,500円)を買い替えただけ。


以上を行うだけで、かなりの節約できること間違いなし。

節約できたお金で、貯蓄、投資、勉強、そして旅行・旅に回すことをおすすめするぜ。

こちらもいかがですか




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク