茄子の煮びたしはマジウマ・ヘルシー【茄子の皮を簡単にむく方法】

なすが冷蔵庫に残っていたら、やっぱり煮びたしだろう。

マジでヘルシー、ローカロリー、さらに日本酒に合うというおまけつきだ。

茄子の皮をむくのが面倒という人もいるが、やってみると意外と簡単。

茄子

トゲなしナス。

ナスのヘタにはとげがある。あまり気にしたことないが・・・けっこう鋭いぜ。

で、ナスの下処理だが、煮びたしの場合は皮をむくか、それとも皮に切れ目を入れるかというコトになる。

この皮に入れる切れ目だが、2、3mmで皮全体に入れる必要がある。

結構面倒。なら皮むいた方が断然楽。

焼く

やり方は簡単。ヘタ落して90度縦方向に切れ目を入れる。

ヘタを残す場合はヘタのまわりも1周切れ目を入れておこう。

で、魚焼きグリルで焼く。網で焼いてもいいけど、ガス臭くなるのでオレは魚焼きグリル。

ガスだけど上火だから、臭いがあまりつかない。

むく

全周まんべんなく焼けたら、水につけてむく。

焼けてかなり熱くなっているので、水につけた方がやけどしないよ。

つるんとむけるぜ。

茄子

むけたナスをキッチンペーパーで水分拭き取る。

このまま生姜醤油でいただくもOK。

煮びたし

今回は出し汁で高野豆腐と豚ばら肉と一緒に煮びたし。

豚ばら肉食べなければ、マジヘルシー。

しかし、ナスと脂って・・・合うよね。うん。

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする