フランスの電車に乗ってオペラ座に行ってみた

今回のフランス滞在は、いつものレンタカーがなかった。

なので、どこか行く時はいつも鉄道となった。ウチから一番近い駅がこのサンシールという駅。

歩いて20分ほどの地元駅。

駅自体はいたって普通。

駅前にはバスのロータリーもあり、ウチの宿前から1番バスに乗ればここに行くとの話だが・・・

やっぱ、怖くてバスには乗れなかったよ。

これがチケットを買う機械なのだが・・・わかるはずもなく。

対面で切符を買うことが一番だ。

幸いにチケット売り場の方は英語がわかるかたで、これだけでフランスの鉄道を乗るハードルが一気に下がる。

マジでフランス語でしゃべられても全くわからん。

チケットを買うときにちょっとしたポイントがある。

それは行きだけではなく、往復分の切符を買ってしまうことだ。

フランス語かがわからなくても、帰りの切符を見せて指をさせば・・・最低限、こいつは「鉄道」にのって「ST-CYR」つー駅に行きたいのね・・・ということがわかる。

ちなみにサンシールからパリエリアまで片道5.05ユーロだった。

切符さえ買ってしまえば、あとは行先の電車に乗ればOK。

この日はパリ近郊の鉄道の一部が止まっていて、直で行くことができず迂回をすることになった。

これが駅に入る入口。切符を入れたらすぐに出てくる切符をとり、躊躇なく通り抜けよう。

タイミングはだれか通るのを、1回見ておくといい。

駅もいたって普通。このような電車が来なければ、日本の駅とさほど変わらないよう。

で、ウチらの乗る電車が来た。

車内はこんな感じ。立っている人は皆無。

通勤時間帯って、どんな感じなんだろう。

パリのモンパルナス駅に到着。

ここからメトロに乗る。

番号が振ってあるので、その番号の路線に乗ればOK。

メトロの駅。線路の幅が広い・・・・

これがパリのメトロ車両。線路幅広いのに車両は狭い感じ。なのであんま揺れない感じ。

扉は駅で開かない。扉あける場合はこのレバーを自分で回してあける。

オペラ駅到着。

地下鉄より地上に出ると、オペラ座真ん前。

オペラ座ご対面!!

で、オレはオペラ座真ん前のカフェへ。

まずはカフェで本部設置。嫁さんとビールでのどを潤す。

そのまま、オレはカフェで鎮座。嫁さんは好きなだけオペラ座見学。

しかし、オペラ座真ん前カフェ。すごい値段だ。

ビール中ジョッキが11ユーロ。コロナビールが9.90ユーロ。2杯でしめて20.90ユーロ。

これはビール代ではない。場所代だ。

スーパーで買えば1ユーロもしないようなビールがカフェで飲むと10倍以上になるという好例。

てな感じでオペラ座に行ってきたというコトでした。

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする