エールフランスに乗ってパリに行ってみたよ 【エールフランス初搭乗】

今回のフランス行きの目的は、4年ごとに開催をされるPBPパリブレストパリという4年に一回の自転車長距離イベントにエントリーするために行った。

フランスパリへの直行便は、さすがにLCCは飛んでいないので、ひさしぶりにLCC以外の航空会社に乗った。

さらにエールフランスという欧州系の航空会社はオレはじめて。マジで楽しみ。

エールフランス

羽田発パリ行き:AF279ボーディング

朝早い羽田空港。オレの乗るエールフランスAF279便はパリのCharles De Gaulle空港は飛ぶ。

朝7時35分出発だが10分早まり7時25分のフライトに変更されている。

ボーディング

今回のオレの席は、かなり前の方で、たぶんビジネスの後ろ。

なので搭乗は一番最後。

機内にあるいくつかのプレミアム・エコノミーシート

シート

エコノミーシートだが、選ぶ場所によりその快適度はかなり違うだろう。

この席は、前が壁になっていて・・・そう、足元広々なのだ。

さらに全席がないのでリクライニングされ、狭くなることもない。

機内にいくつか装備をされているプレミアムなエコノミーシートだ。1人、もしくはカップルの時になど押さえておくとよいよ。

オレの場合は半年以上前にチケットを予約し、その場でシートも予約した。

ちなみに帰りも全く同じ場所に座った。

ポイントは2席、そして前が壁ということだ。

エールフランス機内食:ランチ

機内食

エールフランス的には、これはランチになるのかな、ブレックファストになるのかな。

7時半にほぼ定刻通り飛び立ったウチらのエールフランスAF279便。

日本時刻9時前には、オレの目の前にも食事がサーブされた。うれしい。

オムレツにクロワッサン、フルーツにオレンジジュース、ヨーグルトが付いていることを考えるとブレックファストの位置づけだろう。

エールフランス機内食:ディナー(みそ汁付)

機内食

フランス時間朝の9時ころ(日本時間深夜2時ころ)に食事が出た。あと2時間ちょいでパリへ到着というタイミング。

エコノミーでたぶん一番前に位置するオレの席は、どうやら食事のサーブが一番最後のようだ。

で、2種類あるはずのミールも、片方はソールドアウトのようで、問答無用でチキンになった。

まっ、これはこれでおいしかったぞ。

一点うれしかったのはテーブル左上にあるコップ。なんとみそ汁が入っている。行きでもうれしいこの味噌汁。帰りの便でも出たらマジで感激するかもな。

赤ワイン

ワイン

最初にいただいたシャンパンもなくなり、赤ワインをいただく。おいしい。この小瓶はちょうど1合くらいだろうか。

パリ Charles De Gaulle空港到着

パリ Charles De Gaulle空港

こんな感じで約12時間のフライトでした。

意外とあっという間。時差は日本と7時間。

朝の7時に飛び立って、12時間かかり、到着をするとその日の13時ころ。

ようは1日が異様に長いという感覚だ。時差ぼけは非常に少ないぜ。

ヨーロッパは直行便だと、とても近く感じる。さて、フランス滞在の10日間。

行ってくるぜ。(って、本チャンのPBPはストレス性胃炎・・4分の3のトコでリタイヤでした)

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする