ブラシがこんな長い歯ブラシ久しぶりに見た【秋田屋旅館の思い出】

先日行った北海道1,000㎞ブルべで3日目に泊まった宿がなかなか良かったというログを書いた。

それは北海道芦別にある秋田屋旅館さんだ。

で、その部屋にあった歯ブラシが・・・久しぶりに見た昭和の風景だった。

歯ブラシ

部屋にある、洗面台。

部屋にこのような洗面台があるなんて、久しぶりに見た。

歯ブラシ

そして洗面台の上に置いてあった歯ブラシなんだが・・・・

歯ブラシ

おもむろにパッケージから歯ブラシを取り出してみる。

歯ブラシ

まー、普通の歯ブラシだよな。コレで終われば。

歯ブラシ

見ろ!この歯ブラシ部分の長さ!実測4cmあったぜ。

いまどき見ないだろ?このブラシの長さをもつ歯ブラシなんて。

まじで昭和の旅館にあった歯ブラシだ。絶滅をしていなかったんだ・・・この手の歯ブラシ。

歯ブラシ

いや、もう驚愕に値するよね。この歯ブラシ。

どうして、このブラシの長さになったのだろう。

今売っている歯ブラシはヘッドがコンパクトなタイプが主流だ。たぶん3つ分くらいあるよ。コレ。

そして、ブラシ毛根元にある白い物体が歯磨き粉だ・・・

中々、これで歯を磨くことは勇気がいりそうだ。

もちろん、おみやげとしてウチに持って帰ったことは言うまでもない。

こちらもいかがですか




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク