知床峠は自転車で登る北海道の絶景【知床横断道路・冬季閉鎖】

知床峠をロードバイクで走りました。

知床峠は知床横断道路のピークとなっています。

国道334号線はオホーツク海側のウトロと根室海峡側の羅臼を結ぶ約30㎞の知床横断道路で。知床峠はその最高標高地点となっています。

標高は738m。

冬の間は通行止めとなり4月下旬から11月上旬くらいしか走ることができません。「日本一開通期間の短い国道」とも言われています。

ウトロ側より国道334号線をアタックです。

左に知床五湖をみながら、登り続けます。朝8時スタート。

どんどん標高をかせいでいきます。標高290m付近。

この日は、本当にいい天気で知床にしては珍しく雲一つありません。

しかし、かなり気温が高く・・・暑い。

視界に羅臼岳が見えてきました。羅臼まで22㎞の距離が表示されています。

8時39分。

羅臼岳も非常に近くなってきて、視界が完全に開けました。

もうすぐピークのはず。8時58分。

峠までもう少し。あのコーナーを右に抜ければ峠か・・?9時15分。

知床峠到着!9時17分。

この石碑は駐車場側にあります。

知床峠から羅臼岳を望む。

さぁ、これから羅臼側へダウンヒルとなります。

頂上には駐車場、トイレなどがあります。

愛車のロードバイクを入れて羅臼岳をバックに一枚。

羅臼側のダウンヒルです。

遠くには国後島がくっきりと見えます。

晴れていると、本当に絶景な知床峠横断道路、そして知床峠!

ぜひあなたも訪れてみてください。

こちらもいかがですか




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク