エビフライを真っ直ぐ揚げるコツ【おまけ:エビ殻ダシみそ汁】

エビフライだ!今日はエビフライ。みんな大好きエビフライ。

ブラックタイガーが3割引きだった。トータル11本・・・・一人3本だが、オレだけ2本だろう。

通常は1割引きから始まるところ3割引きになっているので、今日中に食べてしまう必要がある。

少々大き目のブラックタイガー。3割引きなので1本70円(税抜)だ。

エビから殻を外す。

背ワタを取る。

包丁でしっぽの先をこそげる。

まず腹に切り込み4か所ほどを入れる。

そのあと背に腹の切込みと合致しないよう、切り込みを入れる。4か所ほど。

じゃばらの様に切り込みを入れて曲がっている逆にエビを曲げる。

そうすると「パッキ」と感触を感じるはず。

パキパキして、全体を伸ばす。全体が伸びて大きくなる。

小麦粉→卵液→パン粉の順でつける。

コレを2回繰り返し、2重衣だとうまい。

ウチ、面倒な時は小麦粉と卵液と酒を合わせて混ぜ合わせてしまいます。コレに付けてパン粉をまぶす。1工程省けます。

衣をつけたら冷蔵庫で寝かせるとよりグッド。

いつものダッチオーブンで揚げます。一気に11尾入れても油温度下がらずよいです。

オイ・・・半分くらい真っ直ぐじゃないじゃん。

って、これには理由があり、もし残った場合、明日のお弁当おかずになります。

その場合、曲がっていた方がお弁当箱に入れやすいんですね。

エビ殻出汁のみそ汁

外したエビ殻。

湯に投入する前に、フライパンなどで炒るとよい。

オレは面倒なんでやらない。そのまま鍋に水張って投入。中火。沸騰したら弱火。15分。

キッチンペーパーでこす。いいかおりだ。

で、その出汁でみそ汁を作る。これが結構うまい。

いつもの出汁と違うことが誰でもわかるくらい、違うぜ。

エビだしラーメンがあるくらいだから、和風、洋風何でもいけそうだ。

エビ殻は捨てないで、だしを取ってみようーーー!

こちらもいかがですか




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク