ママチャリ・シティサイクル購入判断基準(ママチャリGP対策)

シティサイクル・・いわゆるママチャリを選択する場合、ウチには厳格な取り決めがある。

普通、ママチャリはそこらのホームセンターとか、近所の自転車屋さんで好きな色の自転車を購入するパターンではないだろうか。

ウチでは、それは許されない。

なんといっても、ママチャリ購入は非常に神経を使うからだ。

ウチにあるママチャリの、現在の主力はこちら「オレンジサンダー号」!

シティサイクル

このオレンジサンダー号がウチの厳格なレギュレーションを通ったマシンだ!

ちなみにウチのママチャリ購入に関する規定が以下だ!

  • ホイールは26インチ
  • 前カゴがきちんとついている
  • リアキャリアは無し
  • 外装6段変速
  • ハンドルは一文字

以上がウチの規定だ。

説明をしよう

シティサイクル・ママチャリをチェック

アマゾン

まずはシティサイクル・ママチャリをアマゾンでチェックしてみよう!

ママチャリGPに出走するためのママチャリ

ウチらは毎年年始に開催されるSUPERママチャリGPにエントリーをしている。

そこに出走するためのママチャリが必要になってくるわけだ。

ホイールは26インチ

ママチャリGPでは26インチ以下となっているため、かなり主流となっている27インチホイールママチャリはNGだ。

車検で厳格にチェックされるため、ウチのマシンは27インチ車は存在しない。

前カゴがきちんとついている

これもママチャリGPでは必須項目だ

前カゴがないと出走できない。

またできれば大き目の前カゴがいい。荷物がたくさん入るという理由はもちろん、もう一つの理由がある。

それは、ママチャリGPが行われるFISCOのストレートは気が遠くなるほど長い。その長いストレートで前傾姿勢をとるため前カゴをDHバーの様に持てるよう大きいほうがいいワケだ!

リアキャリアは無し

これが有ると無いでは、車重にかなり差が出る。

もちろんリアキャリアは無し。必要ない。

外装6段変速

ママチャリGPでは外装変速機が許可されている。

貧脚ぞろいの我々チームは変則無しカテゴリーでのエントリーは考えていないので、ここは変速機ありとなる。

ハンドルは一文字

ママチャリもいろいろなハンドルがあるが、ハンドル形状は必ず一文字ハンドルだ。

なぜなら、一番軽く、またハンドルを引きやすい。

いわゆるクロスバイクのようなハンドルだ。


以上の厳格な規定を通過したママチャリのみがウチのガレージに来るわけだ。

ぜひ参考にしてみてくれ!

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする