もらい事故で無過失の証明なければ賠償義務??【ドライブレコーダー導入】

つい先日、衝撃の判決が出た。もらい事故で「無過失が証明されなければ賠償責任がある」と定める自賠法に基づき「賠償する義務を負う」と認定された。

マジか??

自分の車線をきちんと守って走っていても、対向がはみ出てきたら、それ対処する必要があるとのこと。

はみ出した方、居眠りだぜ??

yahooニュース

  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150417-00010002-fukui-l18
  • http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/accidentandincident/69100.html

「仮に早い段階で相手の車の動向を発見していれば、クラクションを鳴らすなどでき、前方不注視の過失がなかったはいえない」と、過失が全くないとの証明ができないとした。

そんなアホな・・・

なんかメチャクチャな理屈だ・・・

というわけで、決心がついた。というかかなり必要を感じた。

ドライブレコーダー!

ドライブレコーダー導入

ユピテル ドライブレコーダー DRY-FH220M

前述の問題を解決するにはドライブレコーダー導入が一番手っ取り早い。

アマゾンで注文。その日に来た。

ユピテル ドライブレコーダー DRY-FH220M

正面から見ると、本当に普通のミラーだ。

ユピテル ドライブレコーダー DRY-FH220M

裏側(車前方方向)にはカメラが取り付けてある。k

カメラ根元にはUSB電源、マイク、マイクロSDカード挿入口がある。

マイクロSDカード(4GB)はあらかじめ挿入されていた。

ユピテル ドライブレコーダー DRY-FH220M

マジで簡単。ミラーにも簡単に収まり、コードを取り付けてシガライターに差し込めばOK。

他の中国製で、いろいろとクレーム言っているレビュー多いけど、やっぱり日本製だ。

何の問題もなく、だれでも取り付けできて、何もすることなく録画スタートする。

あっ、設定をしたのは現在日時と時刻だけ。

当然、説明書も日本語なので、まったく迷うことはない。少々高めでも、絶対このドライブレコーダーがおすすめだぜ!

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする