月桂冠は「糖質オフ系」売上一番とのことだ

いつもの白鶴サケパック辛口(糖質オフ率70%)がなかった。仕方ないので今回は月桂冠にしてみた。

その月桂冠のパッケージを見てみると・・・

月桂冠

なんと、糖質オフ系日本酒売上ナンバーワン・・・とのシールが貼られていた。ホントか?

月桂冠ウェブサイト

月桂冠「糖質ゼロ」は、日本酒ではじめての糖質ゼロ(※1)の商品として、2008年9月に新発売して以来、糖質オフ系日本酒売上No.1(※2)のヒット商品となっています。

ところで、糖質オフ系の日本酒ってどのくらいあるのだろう。ちょっとチェック。

白鶴 サケパック すっきり辛口

オレのいつもの酒はこれ。スッキリ辛口のお気に入り。

近くのスーパー「OK」でいつも買うけど、アマゾンでも売っているのね。重たいからアマゾン買いもいいかもしれん。

日本酒度が+17だけど、酸度が1.0。ホントすっきりだ。

おはぎをつまみに飲むこともできる。(マジか)

月桂冠 糖質ゼロパック

今回はじめて飲んでみた。超辛口。

アルコール度数は白鶴とほぼ同じ。悪くないぞ。

価格帯も、ほぼ白鶴と一緒。こちらは糖質ゼロなので白鶴よりも100mlあたりのカロリーが3kcalほど低い。

福正宗 純米 ゼロ辛

福正宗にも0カロリーがあるんですね。それも「ゼロ辛」!

ラベルに「0」と入っているところなんか、意気込みを感じます。惜しいのは紙パックがないことか。

やはり普段のみの酒は紙パックがいいですよ。捨てやすいしね。

オレみたいに週に2本くらいあくヤツは紙パックでないと大変なことになるわけだ。


以上、糖質オフの日本酒はこんなところだった。

かなり糖質オフ系の日本酒種類が少なかった。ビールジャンル、酎ハイジャンルはカロリーオフばかりなのにね。

ただ、糖質オフにしたからといって、すごくカロリーが下がるわけじゃない。

アルコール度数はほぼ一緒で糖質の分だけだからな。下がるのは。

ちなみに通常の日本酒が100-110kcalくらいだ。アルコール度数が19度の菊水ふなぐち一番しぼりは、さすがに136kcalとかなり高カロリー!

100mlあたり20kcal下がることに、なみなみならぬ企業努力。ほんとうに頭が下がります。

今後ともカロリーカットによろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする