牛乳パックは飲み終わったら洗ってリサイクルもいいけど、いくつかは開いておこう

牛乳パックはリサイクルに出している人も多いと思う。大体がこのように口開いて洗って開いているのかな。

で、その牛乳パックはリサクルに出す前にきちんと開いてとっておくと、コレが以外と使える。ホントだよ。

何に使うかって言うと・・・

その筆頭はまな板!

牛乳パック活用

まー、牛乳が体にいいか悪いかと言う話は、この際なしです。嫁さんなんて大好きですよ。

「からだに悪いんだよなー」とか、いいながらコーヒーにはミルク必須です。

子どもたちも好きですもんね。グラタンとか、クリームシチューとか。

実はオレ、苦手なんですよ。温かいミルク系は。シチューとか、ミルク鍋とか・・・けっこう苦手系。

牛乳パック活用

で、洗って乾かした牛乳パックにハサミを入れます。

牛乳パック活用

キレイに開いたら、切りそろえます。

牛乳パック活用

大きさを揃えたら、キッチンの隅の方に、すぐ取り出しやすい場所に置いておきます。

牛乳パック活用

この牛乳パックまな板はすごい便利。

このように汁系の肉やデカイチキンの唐揚げ、ピザ、脂ギトギトの惣菜などを切るときに最適。

ようは、きれいなまた板を汚したくない場合に利用するわけ。

あと、具材を切り刻んで、そのまま鍋に放り込みたい時も、この自由に曲る牛乳パックまな板は使える。

内部防水加工してあるから、リサイクル回すときもちょっと洗えばキレイになるしね。

スポンサーリンク

こちらもいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする