「医療や健康に関連する検索結果の改善」でサイトが死亡した件

先週、2017年12月6日にGoogleウェブマスターツール向け公式ブログに以下のようなショッキングな記事が発表された。

端的にいうと・・・素人の書いた医療系記事は検索からサヨナラということ。

記事では・・・

医療や健康に関する検索結果の改善を意図したもので、例えば医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなります。本アップデートは医療・健康に関連する検索のおよそ 60% に影響します。Google では、医療や健康だけに限らず、今後も継続的に検索の改善に取り組んで行きます。

オレの所持サイトで、このような「医療系」「健康系」は無いよな・・・と思っていたら心当たりあるサイトが一つあった。

早速そいつの解析をチェックしてみると・・・

アクセス解析

ものの見事死亡・・・

ほんとに12月6日を境にアクセス激減。それもほぼ10分の1という悲惨さ。

このサイトは健康系、医療系というよりは、今の時期に関係する「カゼ・風邪」関連などを扱った内容のサイトとなっている。どちらかというと専門系というよりはお母さんが子供に対して熱っぽいね・・・そんなニュアンスのサイト。

内容も素人相手なので、専門系からはちょっと距離があるような内容でもこの惨状。

ということは、もっと専門系のサイトやガッツリ医療系、健康系のアフィリサイトなどは完璧すっ飛んでいるだろう。

上記サイトのコメント欄をチェックするとアフィリ系はもちろんだが、看護婦さんや薬剤師さんなどのブログも飛んでいる模様。

アドセンスオンリーの1サイトなので大きな損害とはならなかったが、この時期かなりアクセスが有り、けっこうガンバっていただけに残念。

しかし、ユルユル系のこんな病気系サイトが、こんな感じですっ飛んでいるということは、ガリガリアフィリ系は大打撃、大損害を予想する。

キビしい年末の予感ね。

さて、このサイトはアクセスが10分の1になってしまったが、とりあえず残しておいて、どのくらい復活するかを注意深く見守ろうと思う。

きちんとしたコンテンツを追加して、復活するか、ちょっと期待している。

もし復活したらぜひ報告するよ。

こちらもいかがですか




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク