札幌でお手軽・手ぶらバイク(ホンダフォルツァ)レンタルしてみたよ 【北海道レンタルバイクツーリング】

今回の北海道ツァーで、かなりの期待をしていたのが、レンタルバイクでの北海道ツーリングだ。

本当にすばらしい世の中になったと思う。

ほぼ手ぶら状態で、電話一本でその日にバイクレンタルできるなんて、オレがバイクに乗っていた時には考えられなかったことだ。

今回も、予約をして当日雨だとイヤなので、予約はせず当日電話でお願いをした。

レンタルバイクに乗るならレンタル819:B-STRICT 札幌店

B-STRICT

  • 0120-819-147

前日、当日に関しては上記のフリーダイヤルとなっている。

平日ということもあり、お目当てのフォルツァは残っていた。よかった。

ちなみにフォルツァは4時間8,900円、8時間9,900円だった。8時間で電話予約。

ライディングジャケットだけ着込んでショップへゴーだ。

B-STRICTはすすきのから20分

札幌市内を走る市電に乗っていける。

オレの泊まっているすすきのビジネスホテルラインは札幌市電の山鼻線「東本願寺前」が目の前にある。そこから市電に乗って「石山通」で下車したら、歩いて1分だ。すぐ目の前にある。

レンタル819:B-STRICT 札幌店

とても大きいレンタル819:B-STRICT 札幌店だ。

レンタルの受付。2階で行われた。

保証や保険、免責のことなど細かく説明を受けた。

ジャケットだけ持ってきたので、ジェットヘルメットとグローブもレンタルした。

フォルツァで北海道ツーリング出発

今回レンタルをしたのはホンダのビッグスクーターフォルツァだ。

250㏄のスクーターで、一度ぜひ乗りたかった。

札幌からのワンデイツーリングコースの洞爺湖、支笏湖方面への約200kmほどのルートを走りに行く。

ルートはあらかじめガーミンEdge800に導入済み。

中山峠経由で洞爺湖へ

中山峠の道の駅。一休み

中山峠

プレミアソフトクリーム。

もちろんいももちも。うまい。しかし暑い。

羊蹄山をみながら洞爺湖へ

ルスツスキー場へは良く来ていた。目の前には羊蹄山。もうすぐ洞爺湖だ。

国道230号から湖畔の県道へ。洞爺湖を時計回りで行く。

すいている、洞爺湖北側の県道。

ガソリンは思ったより減らない。フォルツァ燃費いいな・・・

洞爺湖の中島が見える。本当にいい天気。日なたは暑い。

ただ、標高が上がったり日陰はかなり涼しかったりする。さすが北海道だな。ジャケット持ってきてよかったぞ。

洞爺湖看板前で一枚。

で、その先に止まっているバンと車のほうを見ると・・・

ネズミ捕りやっていた・・・40㎞道路なので、ヤバいよなー。

きのこ王国:ドライブイン

北海道スキーツァーに行くと、バスが必ず止まるきのこ王国だ。

フランクうまそう。

キノコ汁ときのこフランクで一休み。早く帰ってビール飲みたい・・・・

支笏湖めぐり

国道453号線→国道276号線を経由して支笏湖へ。

だんだんと雲が出てきた。日が陰るとけっこう涼しい・・・つーか寒さも感じる。

遠くに見えるのは恵庭岳だろうか。雲がちょうど噴煙みたいに見える。

支笏湖を後にして、国道453号線をひた走り札幌へ向かいました。

フォルツァの燃費

ショップ数キロ手前のガソリンスタンドで給油した。

6.33Lはいった。734円。

距離は218.8kmだった。

燃費は34.565km/1Lだった。燃費いいなー。フォルツァ。

タンデムで走っても35キロくらい走るのか。すばらしい燃費だ。

ショップに無事帰着

18時前に無事ショップへ帰着。

点検をしてもらい、サインをしてレンタル終了。

フォルツァいいバイクだった!次回来た時は、ぜひハーレーとか、もう少し大きいバイクを借りてみたいぞ。

札幌市内へはバスで行ける

ショップ目の前には市電の電停ほか、札幌駅前に行くバス亭も目の前にある。

バス停へ行ってみると、ちょうどバスが来た。このバスに乗ってすすきのへ帰った。


普通のレンタカーもいいが、もしバイクの免許を持っているならレンタルバイクで北海道ツーリングは、とても楽しいと思う。

もちろん通常のレンタルよりも割高になるが、すばらしい経験ができること間違いない。

オレ自身もバイクで北海道を走ったなんて何十年ぶりだろう。とてもステキな思い出となったぞ。

レンタル料金内訳

  • フォルツァレンタル8時間:9,900円
  • オプション(ジェットヘルメット・グローブ×2セット):2,600円
  • 車両補償料:2,200円
  • トータル:14,700円

こちらもいかがですか




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク