iPhone・スマートフォンなど色々なSIMロック解除の方法

あたりまえですが、(現状販売されている)SIMロックをされたドコモの「iPhone5s」はドコモでしか使えません。au の 「iPhone5s」はauでしか使えなません。そしてソフトバンクの「iPhone5s」はソフトバンクでしか使えません。

SIMロック解除について

iPhoneにかぎらず、端末がSIMロックをされていると、当然ですがどこのキャリアと契約するかがひとつの悩みどころとなります。端末は同じなので、相当な問題がなければ、基本的には今使っているキャリアを継続することになるでしょう。

当然ですが日本で購入をしたiPhoneは契約したキャリアでしか使うことができません。そのためのSIMロックです。だから海外などに行ったとき は1日3,000円とかするローミングサービスを使うことになるのですが、今使っている環境をそのままもっていけるのですから、高いことをわかっていても 使っている方も多いと思います。

日本国内で購入をしたiPhoneは海外の現地キャリアSIMを購入、挿入をしても認識しません。通信できません。しかし一部の国や地域で販売され ている SIMロックフリーの iPhone の場合、電波の周波数帯などの条件が合っていれば、どの国のどこのキャリアでも通信可能ということができます。

そのような理由から、とくに海外に行く方は多少高くでもSIMロックフリーの端末を購入する人が存在をします。ちなみに2013年9月20日NTT ドコモが発売する「iPhone 5s」「iPhone 5c」について、SIMロック解除を行わないことが正式発表されています。

SIMロック解除の方法

ドコモをはじめ、日本国内では指定されている端末に関して、SIMロック解除を行うことができます。

ソフトバンクiPhone4/4S/5のファクトリーSIMロック解除

SIMフリーにおいて安心・信頼・実績のキングモバイルがiPhone Factory Unlockサービスを行っています。

SIMロック解除アダプター

アマゾンでもたくさんのSIMロック解除アダプターなるものが販売されています。その値段も1,000円以下のものが多いのに驚きです。

AT&T仕様iPhoneSIMロック解除の方法1

AT&T仕様のiPhoneは、しかるべき処置をすることで合法的にSIMロックが解除されます。

AT&T仕様iPhoneSIMロック解除の方法2

先日SIMロックされたAT&T仕様のiPhone3Gを手に入れました。AT&TのiPhoneに限りますが、ebayでファクトリーアンロックが2ドル程度で販売されています。そちらを購入してアンロックをしてみました。

AT&T仕様iPhoneSIMロック解除

購入履歴が非常に多い、こちらのアンロックを購入しました。約1.5ドルです。


AT&T仕様iPhoneSIMロック解除

その後、「Shipping」になったらアンロック完了となると説明がありました。約12時間程度で完了をしたようです。


AT&T仕様iPhoneSIMロック解除

iPhoneをiTuneがインストールされたPCに接続をします。

バックアップが必要であれば、この時点でバックアップをしておきます。


AT&T仕様iPhoneSIMロック解除

バックアップが完了をしたら「復元」をクリックして初期化をします。


AT&T仕様iPhoneSIMロック解除

10分ほどかかり、iPhoneのロックが解除されたのメッセージがでました。

その後、DTIのSIMをさしたところ無事に「NTT DOCOMO」の表示が出ました。無事にSIMロック解除完了です。


このようにSIMロックの解除はいろいろな方法があります。こちらに紹介した方法はすべて合法的な方法を取り上げてみました。

ただ、SIMロック解除に関しては、すべて自己責任となりますので、ぜひ慎重に取り組んでみてください。

こちらもいかがですか




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク