一鶴の骨付き鶏を知っているか?【きゃべつとおにぎりはデフォルトだぜ】

香川県にある一鶴という店をご存じだろうか。

なんとここは鶏のもも肉をオーブンでこんがり焼きあげた、その名も「骨付鳥」が有名だ。

驚くべきことにこの「骨付鳥」は登録商標となっている!

「骨付鳥」は登録商標

骨付鳥

↑このように「骨付鳥」は登録商標だ!覚えておこう!

というわけで、この骨付鳥を自分で再現をしてみようというものだ。

オーブンも買ったしね。

骨付鳥を作ってみる:下準備

なかなかいい鳥のもも肉だ。宮崎霧島鶏。

で、これでは絶対に少ないので、普通のもも肉を2枚追加。

  • 鶏もも肉:必要量
  • ニンニク
  • しょうが
  • コショウ

材料はこれだけだ。

塩たっぷりとニンニクたっぷり、ショウガたっぷりを合わせておく。

この時点でオーブンをプレヒート開始。170度程度で。

鶏肉はすじや余分な脂を取り除く。

裏表にフォークで刺しまくる。

その後、包丁を入れて、全体を開き気味にする。

バットにおいて表裏にまんべんなく塩コショウ。

バットに広げたら先ほどの塩ニンニクしょうがを塗りこむ。

この状態で10分ほど置く。あまり置き過ぎると肉の水分が出てしまうので注意。

オーブンで焼く

バットにアルミホイルをしく。

もしオーブンペーパーがあれば、その上にしく。あいにくウチは切らしてしまった。

ペーパー敷くと鳥がアルミホイルにくっつくの防げる。

その上に皮面を下にして鳥肉を広げる。

170度になったオーブンに天板を入れる。この状態で20分ほど。

いい色に焼けたらひっくり返して10分。この時温度をあげて皮面をこんがり焼く。

バッチリこんがり焼きあがった。この脂は捨ててはいけない。

皿に盛ったら、この脂をたっぷりと鳥肉にかけることがポイントだ!

どうだ!いい感じで焼きあがったでしょ?

ここに先ほどの脂をたっぷりかける。

サイドにはちぎりキャベツとおにぎりを忘れずに。

えっ?キャベツとおにぎりどうするかって?

それは、たっぷり出た鳥の脂をすくってキャベツを食べ、鳥が少なくなって皿が空いたらおにぎりを投入して鳥の脂をすべて吸い尽くすのだ!

もうやめられないぞ!

これが香川の一鶴本店での骨付鳥をみんなでいただいている図だ!

ところで、作るポイントはこれでもか・・・というほど、コショウをかけること。塩をしっかり振ること。

フライパンでもできるので、ぜひやってみてくれ!

こちらもいかがですか




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク