花粉症の注射:ステロイド副腎皮質ホルモン 【一本行っとく?】

またこの季節が来た。そう、花粉症の季節。

この時期はヤバい。外にでる気がしない。以前までは自営業の特権で、この時期外に出なければ何とかやり過ごせた。

しかし、自転車にのるようになってから、そうも行かない。

自転車乗りは山へ行く、そして花粉が大量飛散しているようなトコへ行く。

来週末も千葉の方へ200kmブルベへエントリー予定だ。

なので、あきらめて注射だ。

これは効く。マジで効く。1本打つと1ヶ月大丈夫だ。

今までズルズルだったのが、ピタッとおさまる。

信じられない効き目。

というわけで、ことしも引っ張りまくり3月真ん中まで来た。今年もなんとか1本だけでやり過ごす。

ステロイドって?

ステロイドは、体の副腎皮質で分泌されているホルモンを人工的に作り出した薬です。

ヒスタミンによって起こされる炎症をしずめます。

効果はマジ強力。もちろんのみ薬に比べ注射はリスクが高いはず。

福中皮膚科クリニック

福中皮膚科クリニック

オレはいつもここのクリニックへ行っている。

仲間に教えてもらった。たぶん地元でも同じような駐車をしているトコあると思うんだけど、いまさら探すの面倒。

薬局

隣の薬局で「飲み薬」「点眼液」「点鼻薬」をもらう。

やれやれ、これでとりあえず1ヶ月は大丈夫だろう。

こちらもいかがですか




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク