「ますのすし」の桶を使ってオリジナル押し寿司

オレは見逃さなかった。先日食べた「ますのすし」パッケージに入っていたお箸とナイフの包み紙に書いてある内容を。

これがパッケージに入っていた箸袋。

ポケットに箸、切り分け用プラフォークなどが入っていた袋。

「ご家庭で押し寿司をお作りになる時、寿司桶、青竹、ゴムバンドなどを利用されると美味しく出来上がります。」

これはやらない手はないでしょ。

まずはすし飯と具材の用意

ご飯を用意。一つの寿司桶にご飯300gがちょうどいい量。

今回のすし酢は馬路ずしの素を使いました。

すし飯を作る

ウチではかなり好評なすし酢。唐揚げとかにかけてもウマイ!

50ml程度をふりかける。塩少々ふる。

おしゃもじで切るように混ぜる。混ぜ終わったらご飯をさまそう。

寿司桶にはラップをしく。

冷めたすし飯を詰める。

ロース生ハム押し寿司

まず一枚目はロース生ハムの押し寿司。

寿司桶に生ハムをしく。

ラップでフタをして、寿司桶の蓋を載せ、少し圧縮する。

千枚漬け押し寿司

続いて千枚漬け。これはウマイよね。

「ふじっ子の塩こんぶ」をご飯の上に散りばめる。

その上に千枚漬けを2枚ほど。

ラップで囲み、フタをして、少々圧縮。

その後付属の竹とゴムバンドでまとめます。

冷蔵庫で2時間ほどおきます。

取り出し、カット、食べる!

まずは生ハム押し寿司。いい感じでできています。

ラップごと取り出し、まな板の上でカット。

カットする包丁は、その都度キレイにして濡らすとキレイに切れる。

こちらは塩こんぶ千枚漬け押し寿司。いいかんじだ。

こちらが千枚漬け押し寿司。ウマイっす。

酒に合います。

こっちは生ハム。

もしかしたら、これはワインのつまみでもイケるな-!

というわけで、「ますのすし」残り桶での押し寿司は簡単に出来るよ!

ぜひやってみてー!!

こちらもいかがですか




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク