四国88ヶ所:車中泊旅行の強い味方!それは「マルナカ」!!

旅行好きな方なら、一度はやったことがあるのではないでしょうか。車中泊での旅行。車旅ですね。

今回、私も四国88ヶ所をアトレー君でまわり、また車中泊というスタイルで泊まり歩きました。

本当に勝手気ままで、走りたいときに走り、寝たい時に地方の道の駅などを選んで夕方空いている時に行く。そんな気ままなスタイルは、今でも一部の方に受けていると思います。

旅行で何が一番お金がかかるかといえば・・・海外旅行では「航空チケット」、国内旅行では「宿泊費」となるわけです。国内旅行に関して言えば、宿泊費というのは、本当にバカになりません。

一人ひとりにかかるわけですし、その金額も決して安いものではありません。それが車中泊をすれば、いきなりタダになってしまうのですから、根強い人気があるのも頷けます。

さて、車中泊をやったことがあるあなたなら、知っていると思いますが、この旅行中に「困る」ことって、なんだか分かりますか?まぁ1泊2日程度の車中泊旅行では、あまり考えたことはないでしょう。

今回のように7泊8日の四国88ヶ所車中泊巡りでは、絶対に避けて通れない困ることです。

それは・・・毎日のように出る「ゴミ」です。

今回私は一人で回りましたが、それでも毎日ゴミがたくさん出ます。特に私のように酒飲み、さらに車の中で飲食をするスタイルは、毎日大量のゴミが出るのです。

さて、あなたならそのゴミどうします?

道の駅にはゴミ箱など置いてあるところは非常に少なくなりました。高速のサービスエリアも同様です。またコンビニのゴミ箱に出たゴミを捨てるなどもってのほかです。

四国のスーパーといえばマルナカ

車中泊をしていると、基本貧乏旅行ですから、食事もレストランを利用するのではなくスーパーを使うことが多くなるでしょう。オレも例外ではありませんでした。

マルナカ

お遍路をして、温泉入って、日もかたむきはじめた頃に「マルナカ」を探します。四国の大抵の街にマルナカはありました。もう四国の人にとって見れば定番中の定番でしょう。

割引シール

夕方になれば、車中泊スタイルの我々がよろこぶ、「割引シール」がお惣菜などに貼られていくワケです。

「半額シール」を中心に今晩の酒のアテが決まるのは、オレだけではないはずだ。

そしてこのマルナカを選ぶ理由がもう一つあります。それは「ECOひろば」の存在です。

ECOステーション

オレが寄ったマルナカには大体、このエコひろばなるものが備えてありました。ようは資源分別回収ですね。

そう!車中泊中に出るゴミのほとんどは「缶ゴミ」「プラゴミ」がほとんどと思います。なので、トレーやアルミ缶などはきちんと車中でも分別しておき、マルナカによった時にきちんと分別回収に入れるというのはいい方法と思います。

言っておくけど、そこらにゴミ捨てるなよー!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク