ちょっと待て!秩父札所は60年に一度の総開帳??

先日、今年2014年は四国88箇所開創1200年というのを知ったばかりだが、なんと埼玉県の秩父にあるヤツは60年に一度だぞ!おい!

秩父の札所開基が文暦元年。この歳の干支が甲午(きのえ うま)。

開基から13回目の甲午歳となり、12年に一度というより、60年に一度の特別な開帳年となります。なんだって??

おいおい、60年に一度といったら、前回の時はオレはこの世にいないし、次回もいない可能性大だ。つーことは今回が事実上のラストチャンス???

たぶんこんなこともなければ、絶対に行く可能性はなかったであろう、秩父34霊場札所巡礼。がぜん行く気になった。今回の四国88箇所巡礼の練習にもなるし。

これまで、巡礼とか札所めぐりなんて、とんと縁がなかったし、現状でもやる気はない。しかし、このようなプレミア感満載となると話は別だ。

そして、急がなくてはいけない理由がもう一つ。

総開帳

「秩父札所は、平成26年3月1日から11月18日まで、総開帳を厳修致します。」

リミットは11月18日だ。あと1ヶ月もない。いくしかないだろ。コレは。

さすがに今日は出れないな・・・

明日一番の秩父行きのレッドアローに乗って、一番からオレは行くぜ。

で、秩父巡礼に何で行くかということだが

自転車で行くのが、あたり前だ。オレは自転車ライダー、ブルベライダーなので、迷わず自転車で行く。秩父34箇所の総距離はざっくりと120kmくらいだそうだ。

ちなみに自転車に近いパターンとしてオフィシャルサイトが「自家用車巡礼」のモデルコースを公開している。

自家用車巡礼

はぁーー??車使って3日かかるのかよーー。それはありえない。

2日だろ。自転車なら。と思っているのですが、いかがでしょう。

ちなみにオレ的に巡礼の早い順です。

  • 1位:スクーター
  • 2位:車
  • 3位:自転車
  • 4位:徒歩(バス・電車含)

やはり、2輪車の優位性は間違いないです。それもスクーター。山道多そうなので100ccの2ストスクーターが最強と思います。

大型バイクは、狭い道が多いこともあり、やや不利です。オフ車はいいね。セローとかCRM80とかKSR110とか、最高かも。

秩父34箇所の全体像

今回のこのルート、基本的に秩父市内に点在をしている。1番札所から29番までは。

しかし、この巡礼のハードルを微妙に上げているのが30番から34番札所ということは秩父札所の位置情報を見れば一目瞭然だ。

もし2日で34箇所全部をやっつける・・・じゃなくて巡礼する場合、初日いくつ回れるかということが本当に大切になってくる。

というわけで明日の準備

まぁ、そんなわけで、とりあえずはガーミンEdge800にルート情報を入れて、準備するわけだ。

使う自転車はMTB。初乗りだ。

荷物は最小限。もし、回りきれない場合は、その日の午後に考える。秩父泊もあり。日曜泊なのでどうとでもなるだろう宿は。

ただ、宿泊系の荷物は持たない。ウェアはランドリーか風呂で洗えばいいだろう。どうせ浴衣くらいあるだろうし。

というわけで、いつものトレーニング行くような荷物にモバイルバッテリーとチャージャーだけ追加して準備完了。

秩父札所午歳総開帳!!残りあと25日で終了だよーー!!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク