一晩漬け込んだアメリカン・ビーフはマジで柔らかい

昨日に続き、一晩漬け込んだアメリカンビーフを焼いてみた。

冷蔵庫からバットを取り出すとなんだか昨日よりも染み込んだビーフが!

ステーキは焼く直前に冷蔵庫から出すのではなく、2時間程度前に出しておいて室温に戻しておくことはとても大事!

さっそく漬け込みビーフを焼いてみよう!

アメリカン・ビーフ

今日も、昨日同様にスキレット(厚手鉄フライパン)をプレヒート。

アメリカン・ビーフ

ステーキ投入。片面1分焼き、ひっくり返して1分。赤ワインをたらして、スキレットのフタをして1分。

アメリカン・ビーフ

完璧なミディアムレアじゃね?

アメリカン・ビーフ

皿に並べ、玉ねぎソースを別フライパンで炒め煮します。

ステーキにソースかけて完了。

で、一晩漬け込むと、3時間漬け込みよりもさらにやわらかくなりました。これはウマイ。

ただ、どうしても筋の多い、また油が多い端の方は、柔らかいのですが、けっこう噛み切りにくい。これはしょうがない。

なので、端は残して、炒めものかチャーハンに入れるといいでしょう。

玉ねぎソース漬け込み一晩でお安い牛肉も柔らかくいただけます。お試しあれ!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク